現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の相談・消費生活の中の福岡市消費生活センターからペットの購入はよく考えて(平成28年10月24日掲載)
更新日: 2016年10月26日

暮らしのヒント

消費生活センターでは,悪質商法に限らず,暮らしに役立つさまざまなテーマのコラムを西日本新聞に掲載しています。
(原則,毎週月曜日の朝刊へ掲載)


ペットの購入はよく考えて(平成28年10月24日掲載)

事例

「昨日ペットショップで子猫を見つけて気に入った。住んでいるアパートはペット禁止だが,店員から『内緒で飼っている人はたくさんいる』などと熱心に勧められ,その場の勢いで契約した。しかし,50万円と高額だし,子猫もまだ受け取っていないので解約したい」


解説

 ショーケースに並んでいる子犬や子猫を見て,かわいいから飼ってみたいと,その場で購入を決めてトラブルになることがあります。後で解約しようと思っても,店へ出向いて購入した場合は,クーリングオフの適用がありません。ペットを受け取っていなくても取り消しができるわけではなく,店との交渉になり,高額な解約料を請求されることもあります。原則として,一度成立した契約は自分の都合で取り消すことはできません。契約する際は内容をよく確認し,疑問点はその場で説明を受けましょう。

 ペットを飼うと,えさ代や医療費がかかる上,留守をしづらくなるなど,今まで通りの生活が困難になる場合もあります。また,ペット飼育禁止の賃貸物件で飼うと,退去時に多額の原状回復費用を請求される場合もあります。

 ペットは命ある存在です。飼い始めたら最後まで適切に飼う責任があります。購入する前に,慎重に判断しましょう。


消費生活センタートップページへ移動
 暮らしのヒント掲載記事一覧へ移動 消費生活相談のご案内ページへ移動

お問い合わせ先

部署:市民局 生活安全部 消費生活センター
住所:福岡市中央区舞鶴2丁目5の1
電話番号:(相談専用電話)092-781-0999  (事務室)092-712-2929
FAX番号:092-712-2765
E-mail:shohiseikatsu.CAB@city.fukuoka.lg.jp
インターネット消費生活相談:https://ssl.city.fukuoka.lg.jp/shohiseikatsu-soudan/