現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の相談・消費生活の中の福岡市消費生活センターからヘアドライヤー 使い方に注意(平成28年8月15日掲載)
更新日: 2016年8月17日

暮らしのヒント

消費生活センターでは,悪質商法に限らず,暮らしに役立つさまざまなテーマのコラムを西日本新聞に掲載しています。
(原則,毎週月曜日の朝刊へ掲載)


ヘアドライヤー 使い方に注意(平成28年8月15日掲載)

事例

【事例1】「へアドライヤーのスイッチを入れたら吹き出し口から火花が出た。よく見ると電源コードの付け根部分がショートしていた」

【事例2】「カールドライヤーのヒーター部分が真っ赤になり煙が出た。修理に出したら,埃や髪の毛がたまっていたと言われた」


解説

 ヘアドライヤーは消費電力=ワット(W)数で表示=が大きく,電源コードに無理がかかった状態で使用を続けると,断線してショートすることがあります。やけどや発火の危険があるので,電源コードがねじれた状態で使ったり,本体にコードをぐるぐる巻きつけて収納したりすることはやめましょう。吸い込み口や吹き出し口のほこりは定期的に取り除いてください。内部にごみがたまると発火の恐れがあります。

 ヘアドライヤーは日常的に使う家庭用電化製品ですが,使用方法や保管方法によっては思わぬ被害に遭うことがあります。使用開始前に必ず取扱説明書を読みましょう。電源を入れたり切ったりする際の動作が不安定な場合や,本体内部が熱を持って真っ赤になり煙が出るなどの異常があったら,すぐに使用をやめ,メーカーまたは販売店に点検・修理を依頼しましょう。

 身近な製品に潜む危険性を知り,誤使用や不注意による事故をなくすことが大切です。

消費生活センタートップページへ移動 暮らしのヒント掲載記事一覧へ移動 消費生活相談のご案内ページへ移動

お問い合わせ先

部署:市民局 生活安全部 消費生活センター
住所:福岡市中央区舞鶴2丁目5の1
電話番号:(相談専用電話)092-781-0999  (事務室)092-712-2929
FAX番号:092-712-2765
E-mail:shohiseikatsu.CAB@city.fukuoka.lg.jp
インターネット消費生活相談:https://ssl.city.fukuoka.lg.jp/shohiseikatsu-soudan/