現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の相談・消費生活の中の福岡市消費生活センターから街頭でのアンケートに注意(平成28年8月1日掲載)
更新日: 2016年8月4日

暮らしのヒント

消費生活センターでは,悪質商法に限らず,暮らしに役立つさまざまなテーマのコラムを西日本新聞に掲載しています。
(原則,毎週月曜日の朝刊へ掲載)


街頭でのアンケートに注意(平成28年8月1日掲載)

事例

【事例1】「街で『今日のファッションのポイントは何?』という簡単なアンケートに答えたら、『無料でエステ体験ができる』と紹介され、施術を受けた。断りづらい雰囲気になり、メンズ美顔エステを契約したが、やめたい」

【事例2】「街頭で『警察の許可をもらってアンケートをしている』と女性が名札を見せて近づいてきた。美容について聞かれ、連絡先などを答えた。後日、『無料エステ体験ができる』とエステ店から電話があり、断りきれず店に行き、施術を受けた。勧められるままにメンズ美顔エステを契約。クーリングオフしたい」


解説

 いずれも20代の男性で、アンケートをきっかけに「無料体験できる」と店へ誘われ、勧誘を断りきれずに契約してしまった事例です。優しい言葉や「無料体験」などの誘い文句にのせられず、アンケートに記入した連絡先などの情報がどのように利用されるかといったリスクを考え、冷静に判断することが必要です。

 エステティックサービスは、契約期間が1カ月を超え、5万円以上の契約であれば、特定商取引法による規制対象となる特定継続的役務提供にあたります。契約書面を受け取って8日以内ならクーリングオフができ、クーリングオフ期間が過ぎても中途解約ができます。


消費生活センタートップページへ移動
 暮らしのヒント掲載記事一覧へ移動 消費生活相談のご案内ページへ移動

お問い合わせ先

部署:市民局 生活安全部 消費生活センター
住所:福岡市中央区舞鶴2丁目5の1
電話番号:(相談専用電話)092-781-0999  (事務室)092-712-2929
FAX番号:092-712-2765
E-mail:shohiseikatsu.CAB@city.fukuoka.lg.jp
インターネット消費生活相談:https://ssl.city.fukuoka.lg.jp/shohiseikatsu-soudan/