現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の相談・消費生活の中の福岡市消費生活センターから着物モデル募集に注意!(平成28年5月30日掲載)
更新日: 2016年5月31日

暮らしのヒント

消費生活センターでは,悪質商法に限らず,暮らしに役立つさまざまなテーマのコラムを西日本新聞に掲載しています。
(原則,毎週月曜日の朝刊へ掲載)


着物モデル募集に注意!(平成28年5月30日掲載)

事例

「『着物モデル募集、当選者には着物をプレゼント』というインターネット広告を見て応募した。選考会に行くと簡単な審査で『合格』と言われ、プレゼントの着物を選ぶため、奥の部屋に案内された。そこで着物に合う帯や草履、バッグなどを次々と勧められ、断り切れず購入したが、総額100万円を超える契約で後悔している。クーリングオフは可能か」


解説

 特定商取引法では、事業者が消費者の自宅などを訪問して勧誘を行う訪問販売を規制しています。店舗に出向いての契約であっても、取引形態によっては、訪問販売と見なして規制の対象にする場合があります。

 事例は、事業者が帯などを販売することを告げず、モデル合格者へ着物をプレゼントすることを強調し、店舗へ呼び出しています。これは、いわゆるアポイントメントセールスと言われるもので、特定商取引法に規定する「訪問販売」に該当し、契約書面を受け取った日を含めて8日間はクーリングオフが可能です。

 「モデル募集」としながら目的は商品販売だったり、着物はプレゼントでも仕立て代が必要だったりということもあります。何が「無料」で何が「有料」なのか事前に確認し、必要ないものを勧められたら、きっぱり断りましょう。


消費生活センタートップページへのリンク画像
 暮らしのヒント掲載記事一覧ページへのリンク画像 消費生活相談のご案内ページへのリンク画像

お問い合わせ先

部署:市民局 生活安全部 消費生活センター
住所:福岡市中央区舞鶴2丁目5の1
電話番号:(相談専用電話)092-781-0999  (事務室)092-712-2929
FAX番号:092-712-2765
E-mail:shohiseikatsu.CAB@city.fukuoka.lg.jp
インターネット消費生活相談:https://ssl.city.fukuoka.lg.jp/shohiseikatsu-soudan/