現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の相談・消費生活の中の福岡市消費生活センターから町内の集会所などを利用した「催眠商法」が多発しています!
更新日: 2018年6月7日

福岡市消費生活センター

町内の集会所などを利用した「催眠商法」が多発しています!

 今年の4月頃から,「無料で景品を差し上げます」と町内の集会所などに地域の高齢者が集められ高額の布団(敷パッド)を買わされたとの相談が多数寄せられています。
※催眠商法(SF商法)とは,「無料で差し上げます」や「新商品の特売」などと言って閉めきった会場に人を集め、言葉巧みに会場の雰囲気を盛り上げて、冷静な判断ができなくなるような状況をつくり、高額な商品を売りつける販売方法です。



具体的な事例の概要

事例1

 庭の手入れをしていたところ,業者に無料で景品を配っていると声を掛けられ集会所へ行った。集会所で景品を3点もらったところ,団地の一室に来るように案内された。団地内の一室に行くと布団の販売会がはじまり,断り切れずに25万円の布団を買ってしまった。


事例2

 友人に「私の家で販売会がある」と誘われ,仕方なく参加した。友人宅へ行くと高齢者ばかりが10人ほど集められていた。業者が参加者に景品を配り始め,その後,敷パットの販売が始まったため帰ろうと思ったが,玄関に販売員が立っていて帰ることが出来ず,20万円の敷パットを買ってしまった。



消費者のみなさまへのアドバイス

(1)行かない

 「無料で景品を差し上げます」などの言葉で人を集めるような会場には行かないようにしましょう。「無料」の裏には「高額商品」が隠れていることを忘れずに!


(2)きっぱり断る

 締めきった会場で,言葉巧みに話を聞かされると,冷静な判断力を失ってしまいます。必要がなければ,きっぱりと断りましょう。


(3)すぐに相談する

 やむなく契約してしまっても,契約書面を受け取った日から一定期間内であれば,契約を解除できるクーリング・オフが可能な場合があります。すぐに消費生活センターのご相談ください。


町内の集会所などを利用した「催眠商法」が多発しています!(かわら版74号)はこちら (313kbyte)pdf



問合せ先

部署:市民局 生活安全部 消費生活センター
住所:福岡市中央区舞鶴2丁目5の1
電話番号:(相談専用電話)092-781-0999 (事務室)092-712-2929
FAX番号:092-712-2765
E-mail:shohiseikatsu.CAB@city.fukuoka.lg.jp
インターネット消費生活相談:https://ssl.city.fukuoka.lg.jp/shohiseikatsu-soudan/