現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の相談・消費生活の中の福岡市消費生活センターから子どもの「水の事故」と「幼児用座席付自転車の事故」に気を付けましょう
更新日: 2018年6月1日

福岡市消費生活センター

子どもの「水の事故」と「幼児用座席付自転車の事故」に気を付けましょう

 春から初夏,そして夏休みにかけては,子どもたちが活発に屋外で遊ぶ季節であり,海,川や湖沼池に行ったり,プール等を利用したり水遊びをする機会も増えます。それに伴い溺水(溺れ)等の事故は,夏期に多く発生しています。

 また,子どもとの外出に,幼児用座席付自転車が利用されることがありますが,幼児用座席付自転車は通常の自転車よりも重い上に,更に子どもを1人又は2人乗せるため,走行中や停車中にバランスを崩して転倒や転落するなどして,ケガをする事故が起きています。

 こうした事故を未然に防ぐために気をつけていただきたいことなどをご紹介します。

 なお,この注意喚起は,国の消費者庁を事務局とする「子どもの事故防止に関する関係府省庁連絡会議」の取り組みとして行っているものです。


■参考:平成30年度「子どもの事故防止週間」を5月21日から実施します(子どもの事故防止に関する関係府省庁連絡会議の平成30年5月9日発表資料) (179kbyte)pdf



水に関する事故事例

事例1 海での事故

 河口付近で遊泳中の男児2名が沖に流され,これに気付いた父親と付近で泳いでいた男性が救助に向かうも同様に沖に流されてしまい,計4名が行方不明となった。その後,4名は発見されるも死亡が確認された。(5歳,7歳,36歳,49歳)


事例2 川での事故

 本児童は,下校途中で一緒になった4年生3人と川で遊ぶ約束をして一緒に川へ行った。それぞれが小魚や水生生物を探して遊んでいるうちに,本児童が溺れかけていたのを他の児童が見つけた。近くにいた人に助けを頼んで110番通報をしてもらった。140メートル下流で発見されたが,死亡した。(小学3年生)


事例3 湖での事故

 帰りの会が終わり下校する。本児童は湖の遊歩道を歩いていた。遊歩道では,他の児童とカエルを捕まえる等して神社まで行った。本児童が神社のそばの湖で亀が見たいと言ったが,他の児童は帰ると答え,別行動となった。事故現場付近は,通学路と至近距離にあり隣接している。通りかかった時に翌日の学習のために立ち寄ったことも考えられる。18時過ぎ,家族から帰宅していないと連絡が入り,湖周辺の捜査の結果,溺れている本児童を発見し,病院で死亡が確認された。(小学2年生)


事例4 用水路での事故

 下校班で下校中,用水路にカニを捕ろうと,カバンを友人に持たせて用水路の近くまで行ったが,すべって転倒し転落して流されてしまった。友人が交番に知らせ,消防隊が発見し,病院に搬送したが,同日死亡した。(小学1年生)


事例5 プールでの事故

 夏期休業中,低学年プール指導の際の自由プールの時間,教員が水面にうつ伏せで浮かんでいる本児童を発見した。意識はなく,すぐに心臓マッサージ,人工呼吸,AEDを試みる。救急隊到着後,病院に搬送,集中治療室で治療を受けていたが,翌日死亡した。(小学1年生)


保護者や周囲の人等へのアドバイス

(1)屋外の水辺の場面別注意ポイント

 1.海水浴など,海での注意

  • 天候の変化に注意し,悪天候の時には海に出ないようにしましょう
  • 危険な場所がないか確認し,危険な場所で子どもを遊ばせないようにしましょう
  • 子どもだけで遊ばせず,必ず大人が付き添って,子どもから目を離さないようにしましょう
  • 監視員が常駐する海水浴場で泳ぎましょう
  • 離岸流(沖へ流れる海水の強い流)に気を付けましょう
  • 釣りをするときやボードに乗る時などはライフジャケットを正しく着用しましょう

 2.川での注意

  • 天候の変化や川の状況を川に行く前からチェックしましょう
  • 川には流れがあったり,急に深くなる所や滑りやすい所があるので,表面は穏やかでも水中には注意しましょう
  • 急な増水で水没するおそれがあります。河原や中洲,川幅の狭い所に注意しましょう。
  • 子どもだけで遊ばせず,必ず大人が付き添って,子どもから目を離さないようにしましょう
  • ライフジャケットを正しく着用しましょう

 3.湖沼池,用水路等での注意

  • 湖沼池や用水路の周囲に柵がないなど,転落する恐れがある危険な場所がないか確認しましょう
  • 立入禁止の場所などで子どもが遊ばないよう注意しましょう

 4.プールでの注意

  • 必ず大人が付き添い,子どもから目を離さないようにしましょう
  • 学校等の教育施設や公共施設内などにあるプールでは,監視員や施設の職員の指示に従いましょう
  • 滑りやすいプール周辺では走らず,危険な飛び込みもやめましょう

(2)万一,事故に遭ってしまったら

 衣服を着たまま,海などの水中で溺れたり,漂流してしまった時の対処法合言葉は,「浮いて待て!」

 無理に泳いで体力を消耗させることなく,救助されるまでの間,仰向けで力を抜いて大の字になって漂流することが,対処法として有効です。
 「浮いて待て!」を実行し,救出された事例が報告されています。


(3)周囲が事故に気付くために

 子どもは静かに溺れる

 子どもが溺れる場合,子ども自身が溺れていく状況を判断できず,声を出したり,必死にもがいたりせず,静かに溺れていくと言われています。周囲の人はこういった知識を持って一刻も早く事故に気付くようにしましょう。


(4)事故に遭わないために

 ライフジャケットを活用しましょう

 釣りやボートへの乗船,川遊びをする時に,浮力があり水面で呼吸が可能になるライフジャケットを正しく着用することは,事故防止の有効な対応法です。


内容の詳細は添付資料をご覧ください
海,川,湖沼池,プール等での「水の事故」に気を付けましょう (1,032kbyte)pdf



幼児用座席付自転車に関する事故事例

事例1 走行中に転倒(1)

 3人乗りの電動アシスト付自転車の前部の幼児用座席に子どもを乗せて走行し,道路と歩道の段差を乗り越えようとして,自転車が右側に転倒した。子どもはコンクリートの地面に顔面からぶつかった。シートベルトは着用していたが,ヘルメットはしていなかった。右側頭蓋骨骨折及び頭蓋内損傷で7日間入院。(1歳)


事例2 走行中に転倒(2)

 買物に行った帰り道に,子どもを2人乗せて走行していた。荷物もたくさんあったため,自転車がふらつき左側に転倒。ヘルメットとシートベルトを着用して後部座席に乗っていた子どもが左腕を打撲した。夜に腫れが見られ,翌朝になっても左腕を動かさないため受診。左腕の骨折。(3歳)


事例3 子どもを乗せるときに転倒

 朝,兄を幼稚園に送るために慌てており,年下の子どもにヘルメットを着用せずに前部座席に座らせシートベルトをした。その後,兄を後部座席に座らせるために移動した際に,自転車がぐらつき左側に転倒。前部座席の子どもは,コンクリートの地面ンに左頭頂部を強打し,頭蓋内を損傷し,9日間入院。(1歳)


事例4 停車中に転倒

 保護者が停車中に,前部座席に座らせていた子どものヘルメットとシートベルトを先に外して,荷物を降ろそうとして目を離した時に自転車が転倒。子どもは下顎を骨折し6日間入院した。(1歳)


事例5 停車中に転落

 家の駐車場で,自転車の後部座席に子どもを乗せていたが,保護者が離れた間に右側に自転車ごと転倒した。ヘルメットはしていなかったが,頭部打撲はなかった。しかし,右肘の痛みを訴えたため,レントゲンをしたところ,右腕を骨折していることが分かった。(4歳)


保護者等へのアドバイス

(1)乗車前の注意

  • 幼児用座席に乗せる前に,安全のため,必ず子どもに自転車用ヘルメットをかぶらせましょう。また,乗車後はすぐにシートベルトを着用させましょう。
  • 自転車を選ぶ際には,自転車安全基準に合格した自転車に貼付されるBAAマーク等の有無を参考にし,自転車の整備点検を定期的に行い,日常点検も忘れないようにしましょう。

(2)子どもを乗せて走行する時の注意

  • 幼児用座席付自転車と子どもの重さでふらついたり,バランスを崩したりしないように,走行時はもちろん,手で押して歩く場合も,慎重に扱いましょう。
  • 交通ルールを守り,路面の状況(凹凸など)や自転車,歩行者,他の自転車にも注意しながら走行しましょう。

(3)子どもを乗せて停車している時の注意

  • 自転車が転倒するおそれがあるので,子どもを乗せたまま,自転車を離れたり,目を離したりしないようにしましょう。
  • 乗降時は,平らな場所に停車し,スタンドにロックを掛け,前ハンドルを固定できる自転車の場合は,ハンドルの固定機能を使いましょう。
  • 前後の幼児用座席に子どもを2人乗せる時の転倒防止のために,「乗せる時は,後部から前部の順,降ろす時は,前部から後部の順」を守りましょう。その順番だと,自転車のバランスが安定します。

内容の詳細は添付資料をご覧ください
子どもを乗せた「幼児用座席付自転車の事故」(転倒など)に気を付けましょう (654kbyte)pdf


問合せ先

部署:市民局 生活安全部 消費生活センター
住所:福岡市中央区舞鶴2丁目5の1
電話番号:(相談専用電話)092-781-0999 (事務室)092-712-2929
FAX番号:092-712-2765
E-mail:shohiseikatsu.CAB@city.fukuoka.lg.jp
インターネット消費生活相談:https://ssl.city.fukuoka.lg.jp/shohiseikatsu-soudan/