現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の相談・消費生活の中の福岡市消費生活センターから「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品の安易な摂取は控えましょう!
更新日: 2017年11月15日

福岡市消費生活センター

「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品の安易な摂取は控えましょう!

 プエラリア・ミリフィカというマメ科のクズ(葛)と同族の植物の貯蔵根が原材料として配合された,バストアップやスタイルアップ等の美容を目的とした健康食品が販売されています。
 これらの中には消化器障害や皮膚障害といった一般の健康食品でもよくみられる危害事例のほかに,月経不順や不正出血といった,女性特有の生理作用に影響を及ぼしていると考えられる特徴的な危害事例が多く見受けられます。


1 主な危害事例


【事例1】

 通信販売で女性らしい体型になるという健康食品を定期購入し,初回分を飲んでみると大量の不正出血が起こった。この健康食品が原因とは思わずに飲み続けていたが,病院に行くと,子宮内膜が厚くなっているとのことで,健康食品との因果関係は分からないが飲まないよう言われた。


【事例2】

 高校生の娘がモデルのブログを見て,バストアップやダイエットのサプリメントに興味を持ち,摂取したところ生理が2ヵ月も遅れた。


【事例3】

 ブログサイトのバナー広告からサプリメント販売サイトにアクセスし,最低購入回数4回の定期コースを申し込んだ。服用を継続したところ,生理が止まってしまいサプリメントの服用をやめたら体調は回復した。


【事例4】

 バストアップとスリムアップを同時にかなえるというサプリを定期購入したところ,全部飲み終わらないうちにバストに発疹が出てきた。医者の治療を受けたが,ホルモンが増え乳腺症が起きているので飲用をやめるよう指示された。


2 摂取に関する注意

  • (1)女性ホルモン(エストロゲン)様物質を含むことにより,生体内に影響を及ぼすおそれがあります(例:不正出血,月経不順)。
  • (2)肝障害がある方の症状が重篤化するおそれがあります。
  • (3)次の方は摂取を控えてください。
  •  ・妊娠中,授乳中,初経前の方
  •  ・基礎疾患(例:女性ホルモンの作用で症状が悪化するおそれのある子宮体がん,子宮内膜増殖症,乳がん,血栓性静脈炎,肺塞栓症,冠動脈流性心疾患,脳卒中等の疾患)がある方(現在治療を受けていない方,過去に治療を受けた方を含む。)
  •  ・医薬品を服用している方
  • (4)体調に異変を感じた際は,速やかに摂取を中止し医師に相談してください。

 ※内容の詳細はこちらをご覧ください(国民生活センター外部リンク)


問合せ先

部署:市民局 生活安全部 消費生活センター
住所:福岡市中央区舞鶴2丁目5の1
電話番号:(相談専用電話)092-781-0999 (事務室)092-712-2929
FAX番号:092-712-2765
E-mail:shohiseikatsu.CAB@city.fukuoka.lg.jp
インターネット消費生活相談:https://ssl.city.fukuoka.lg.jp/shohiseikatsu-soudan/