現在位置:福岡市ホームの中の防災・危機管理情報から津波ハザードマップ
更新日: 2017年12月1日

津波ハザードマップ

津波ハザードマップとは

  • 津波ハザードマップは,津波が予想される場合や発生した場合に,市民の皆さんの自主的な避難行動を支援し,津波災害から人命を守るとともに,被害を最小限とすることを目的として作成しています。
  • ハザードマップには,津波のおそれがある区域や避難所の位置を地図上で明らかにするとともに,津波に関する知識を掲載しています。
  • 日頃からこのマップを活用して,地域や家庭で津波浸水想定区域や避難場所を確認するとともに,避難経路をマップに書き込んでいただき, いざという時は,「早めの避難」を心がけましょう。

ご利用にあたって

  • 下記の一覧表は,福岡市全域の津波浸水想定区域を記載した「福岡市版」及び 各区毎に津波浸水想定区域のあるそれぞれの「校区版」のハザードマップ(PDF形式)を掲載しています。
  • このハザードマップは,作成時点での津波浸水想定区域を示しています。
    また,本マップは津波浸水想定区域の境界を明示するものではなく,概略位置と範囲を示した参考図としてご利用ください。
  • 津波浸水想定区域の設定については福岡県ホームページの「福岡県津波浸水想定の設定について」でご確認ください。




【福岡市版】

 

福岡市版 (57,205kbyte)pdf


【東区】



【博多区】


校区 ハザードマップ
博多     博多 (6,080kbyte)pdf
千代 千代 (7,061kbyte)pdf

【中央区】


校区 ハザードマップ
舞鶴 舞鶴 (8,933kbyte)pdf
福浜 福浜 (6,166kbyte)pdf
南当仁 南当仁 (8,929kbyte)pdf

【早良区】


校区 ハザードマップ
百道浜 百道浜 (6,083kbyte)pdf
西新 西新 (7,641kbyte)pdf

【西区】