現在位置:福岡市ホームの中の防災・危機管理情報から防災アプリ『ツナガル+(プラス)』のサービス開始
更新日: 2018年4月11日

防災アプリ『ツナガル(プラス)』のサービス開始

 福岡市では,熊本地震で課題となった災害時における指定外避難所の把握などに対応できるよう,株式会社富士通九州システムズとともに,防災アプリ『ツナガル+(プラス)』を開発し,平成30年4月11日からサービスを開始しました。
 このアプリは,日ごろから自治会や地域サークルなどでの情報交換ツールとしても活用でき,有事には災害時モードに切り替わります。ぜひ地域の情報交換ツール及び防災ツールとしてご活用ください。



「ツナガル(プラス)」の特徴

1.コミュニティ機能

 アプリ内でコミュニティを誰でも自由に作成でき,参加者同士で情報交換を行うことができます。例えば,公民館のサークル活動など,同じ趣味を持つ方,共通の話題で交流したい場合はぜひコミュニティを作成してみてください。


2.周辺投稿機能

 現在地周辺の情報を投稿し,また参照することができます。例えば,地域のイベントや新しくできたお店の情報,事故による交通規制の情報などを写真付きで紹介することができます。


3.災害時モード

 大規模な災害が発生した場合,アプリが自動的に災害時モードに切り替わると同時に通知が配信されます。災害時モードでは,近隣の避難所への案内機能のほか,避難所コミュニティに参加することで,被災状況や支援情報の共有が可能となります。
 また,何らかの理由で指定避難所に入れない,移動できないといった方については,アプリ内で新たに指定外避難所のコミュニティを作成することができます。指定外を含め避難所の状況は行政側でも確認を行い,必要に応じて物資の配送時間の連絡,速やかな職員の派遣など,アプリ上の情報を活用した災害対応を行います。


4.使い方のご紹介

 防災アプリ ツナガル+ 説明動画(YouTube)で市長による説明動画をご覧いただけます。なお,以下の二次元コードからもこの動画(YouTube(Fukuoka channel))にアクセスできます。 

                                         
動画にリンクする二次元コード

ダウンロード方法

iPhoneの場合

 ツナガル+(App Store),または以下の二次元コードよりダウンロードが可能です。※App Storeにアクセスします。

アップストアへのリンクの二次元コード



Androidの場合

 ツナガル+(Google Play Store),または以下の二次元コードよりダウンロードが可能です。※Google Play Storeにアクセスします。


グーグルストアにリンクする二次元コード


留意事項

アプリ動作条件

 iPhone(iOS Ver10.2以降)
 Android搭載端末(Android Ver5.0以降)


アプリ利用料

 無料 ※通信料は利用者の負担となります。


その他

  • (1)アプリの機能は予告なしに変更される場合があります。
  • (2)iPhone,App storeは,米国およびその他の国々で登録されたApp Inc.の商標または登録商標です。
  • (3)YouTube,Androidは,Google Inc.の商標または登録商標です。

関連リンク