現在位置:福岡市ホームの中の防災・危機管理情報から福岡市浸水ハザードマップ
更新日: 2011年10月6日

福岡市浸水ハザードマップのご案内

浸水ハザードマップは、大雨時の浸水状況と避難行動に役立つ情報を、市民のみなさんに提供し、防災意識や避難の心構えをやしなっていただくために作成したものです。
いざという時のために、日頃から、浸水が想定される範囲、防災情報の入手方法・内容、避難の方法などを確認し、浸水への備えに役立てましょう。

このマップは、福岡県が公表した「河川からの浸水想定区域(外水被害)」と、福岡市が作成した「平成21年7月豪雨の浸水実績に基づいた浸水想定区域」を重ねて表示することにより、内水被害を含めた浸水への注意を、市民の皆様へよりいっそう呼びかけるものです。

福岡市が示している下水道や側溝などからの内水による浸水想定区域は、災害対策本部が確認した平成21年7月豪雨による床上・床下浸水の実績等や、浸水被害があった校区の自治協議会や自主防災組織などから収集・確認した浸水箇所や範囲の情報をもとに定めています。

内水による浸水想定区域については、今後の大雨の降り方などを踏まえて、市民のみなさんからの新たな情報や意見などを収集・確認しながら、今回の浸水ハザードマップの更なるグレードアップを図っていきたいと考えていますので、よろしくお願いします。

 

浸水ハザードマップのダウンロードはこちら

 
浸水ハザードマップ


関連情報