現在位置:福岡市ホームの中の防災・危機管理情報から【12月1日金曜日】緊急速報メールを活用したミサイル対応訓練を実施します
更新日: 2017年11月15日

【12月1日金曜日】緊急速報メールを活用したミサイル対応訓練を実施します

 福岡市は,弾道ミサイルが飛来した場合に備え,12月1日金曜日に緊急速報メール等を活用した情報伝達訓練(ミサイル発射情報及び通過情報の配信)等を実施します。

 訓練用緊急速報メールは福岡市内全域に配信しますので,一部の非対応機種をお持ちの方を除き,福岡市内におられる方全員の携帯電話の緊急速報メール用着信音が鳴るとともに,文字情報を送信します。

 みなさまのご理解・ご協力をお願いいたします。


 English / 中文 / 한글


やさしい日本語でもご案内しています。(みなさんの携帯電話(けいたいでんわ)メール(めーる)()ます。ミサイル(みさいる)()んできたときに(そな)えるための練習(れんしゅう)です。)



1 情報伝達訓練の内容

(1)緊急速報メールの配信対象

福岡市内にある携帯電話(ドコモ,au,ソフトバンク,ワイモバイル)

※上記4事業者以外の携帯電話の場合は,緊急速報メールを受信できない場合があります。緊急速報メール受信の可否についてご不明な場合は,回線契約をしている事業者にご確認ください。



(2)日時

平成29年12月1日(金曜日) 午前10時午前10時5分2回,メールを配信

  • 【1回目】午前10時:弾道ミサイル発射情報
  • 【2回目】午前10時5分:弾道ミサイル通過情報


(3)ご注意いただきたいこと

  • 配信される通知には,件名や本文の最初に「訓練」という文字が入ります。
  • 今回はメール配信の訓練ですので,メールを受信しても避難など特段の対応は必要ありませが,これを機に,万が一弾道ミサイルが発射された場合にどのような行動をとるべきかについて,後述の「2 万が一,ミサイルが落下する可能性がある場合の対応」を参考に,改めて確認いただきたいと思います。
  • 訓練用緊急速報メールは,福岡市内全域に配信しますが,近隣市町におられる方にも配信されることがあります。
  • マナーモードにしていても着信音が鳴りますので,ご都合が悪い方は,お手数ですが一時的に緊急速報メールの受信設定をオフにするか,電源をお切りください
  • 自動車や自転車等の運転中の方などは,特にご注意ください。
  • 訓練のため,福岡市地下鉄の全列車を数分間停車させます


(4)緊急速報メールの着信音

緊急速報メールの着信音は以下のサイトをご確認ください(津波や火山情報などに関するエリアメール・緊急速報メールと同じ着信音です)。



(5)緊急速報メールを受信できない携帯電話をお持ちの場合

Yahoo!防災速報」というアプリでも受信することができますので,ご利用になる場合は事前にダウンロードしてください。




2 万が一,ミサイルが落下する可能性がある場合の対応

(1)実際にJアラートによる警報が発令された場合

万が一,ミサイルが落下した場合は,爆風や熱から身を守る必要があります。


屋外での対処方法


速やかに屋内に退避してください。

  • 避難場所は,地下鉄の駅や地下街などの地下施設,または,コンクリート製のビルなど,できるだけ丈夫な建物へ(近くに丈夫な建物がなければ,それ以外の建物でも構いません)。
  • 周囲に避難する場所がない場合は,頭を抱えて地面に伏せてください。

屋内での対処方法

  • 窓や扉などから離れて,建物の中央部で伏せてください。


(2)参考リンク