現在位置:福岡市ホームの中の防災・危機管理情報から避難行動要支援者名簿について
更新日: 2018年1月16日
 

避難行動要支援者名簿について

 福岡市では,災害対策基本法の改正に伴い,これまでの「災害時要援護者台帳」を改め,平成29年度から「避難行動要支援者名簿」を作成しています。



避難行動要支援者制度とは

 災害時の避難の際に手助けが必要と思われる方が,日頃から高齢の方や障がいのある方の見守り活動をされている地域の方々に対して,ご自身の情報を提供することで,安否確認などの避難支援等に役立てるための制度です。
 情報を提供するためには,あなたの同意が必要です。



情報の提供に同意されると

  • 同意された方の名簿を作成し,お住まいの地域の避難支援等関係者(校区・地区自治協議会等,校区・地区社会福祉協議会,民生委員・児童委員)に提供します。
  • 名簿は,お住まいの地域で,災害時の安否確認などの避難支援や日頃の見守りなどに活用されます。


地域に提供される名簿情報

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • FAX番号
  • 世帯情報(単身同居の別)
  • 支援を必要とする理由


避難に支援を必要とする人が福岡市に同意等確認書又は申請書を提出することによって避難支援等関係者へ名簿情報の提供が行われ、災害時の安否確認・日頃の見守り・防災訓練等が行われる流れになっています。



 

避難行動要支援者の範囲

 高齢の方や障がいのある方など,自ら避難することが困難で,その円滑かつ迅速な避難の確保を図るため,特に支援を要する次のような人とします。

  1. 移動が困難な人
  2. 日常生活上,介助が必要な人
  3. 情報を入手したり,発信したりすることが困難な人
  4. 精神的に著しく不安定な状態をきたす人

名簿登録対象者

(1)次の要件のいずれかに該当する人(施設入所者を除きます)


  • 身体障害者手帳1級又は2級の交付を受けている人。ただし,心臓,じん臓又は免疫機能障害のみを交付の理由とするものは除きます。
  • 療育手帳Aの交付を受けている人
  • 精神障害者保健福祉手帳1級の交付を受けている人
  • 要介護認定3以上の人
  • 福岡市の災害時要援護者台帳に掲載された人


(2)次の要件のいずれかに該当する人


(施設入所者を除き,自ら避難することが困難で,災害時の避難支援等を希望して,避難支援等関係者へ名簿情報を提供することに同意する人に限ります)

  • 身体障害者手帳の交付を受けている人(上記(1)の要件に該当する人を除きます)
  • 要介護認定者(上記(1)の要件に該当する人を除きます)
  • 要支援認定者
  • 障害支援区分1以上の人
  • 精神障害者保健福祉手帳2級又は3級の交付を受けた人
  • 療育手帳Bの交付を受けた人
  • 指定難病患者
  • 65歳以上で身体虚弱の人
 



同意の方法

名簿登録対象者(1)の人

 福岡市が,手続きに必要な書類(同意等確認書:見本 ) (143kbyte)pdfを郵送しますので,必要事項を記入の上,返信をお願いします。
 また,一度,同意した人には再送しません。
 返信がなかった人や同意しなかった人には,3年おきに再送します。



名簿登録対象者(2)の人

 各区保健福祉センター窓口で配布している申請書 (46kbyte)docでお申し込みください。




関係資料

(1)本人用



(2)避難支援等関係者用




注意事項

  • 個人情報については,行政及び避難支援等関係者において,適正に管理します。
  • 避難支援等は,避難のお手伝いをする方の安全が確保されたうえで,できる範囲で行われるものです。



「避難行動要支援者名簿」に関するお問い合わせ先

 防災・危機管理課内
  電話番号:092-711-4966
  FAX番号:092-733-5906