現在位置:福岡市ホームの中の防災・危機管理情報から原子力防災研修ニュース
更新日: 2014年9月20日
 

原子力防災研修ニュース



福岡市では,平成269月に実施する玄海原子力発電所の災害を想定した避難訓練に先立ち,訓練に参加いただく西陵,城原,下山門,壱岐,壱岐南,壱岐東,玄界校区の住民の皆さんと,訓練に従事する職員等を対象に,6月から8月にかけて研修を重ねました。

この研修の内容をお知らせする原子力防災研修ニュースを作成しましたので,ぜひご覧ください。

※福岡市は,玄海原子力発電所からおよそ40~60kmに位置しており,万が一の事故に備え,平成25年度から避難訓練を実施しています。


平成26年度に研修を実施した校区と日時・場所


  • 西陵・城原・下山門校区 718(金曜日)822(金曜日)の午後7~午後9時 下山門公民館
  • 壱岐・壱岐南校区 729(火曜日)821(木曜日)の午後7~午後9時 壱岐公民館
  • 壱岐東校区 7月28(月曜日)819(火曜日)の午後7~午後9時 壱岐東公民館
  • 玄界校区 817(日曜日)午後2~午後4時30分 玄界公民館


※玄界校区は1回,他の校区は2回ずつ研修を行い,全体で186名の住民の皆さんに参加いただきました。


ダウンロード


原子力防災研修ニュース  (870kbyte)pdf