選挙に行きましょ
選挙制度について
選挙制度について
各区の投票区・投票所一覧
各種選挙の投票・開票結果
明るい選挙啓発事業
直接請求権について
選挙管理委員会の組織と事務概要
選挙管理委員会連絡先
選挙と選挙人名簿
選挙の種類
投票の方法
体に障がいがある場合などの制度
投票所入場整理券
寄附の禁止
選挙Q&A
確認してね!

体に障がいがある場合などの制度

体に重度の障がいがある場合などの郵便等による不在者投票
 次のいずれかに該当する人は、自宅などで投票用紙に記載して区の選挙管理委員会に郵送する【郵便等による不在者投票】ができます(郵便等の「等」は民間業者による親書便を指します)。
 投票をするためには、あらかじめ「郵便等投票証明書」の交付を受けてください。
●対象者
◆身体障害者手帳の交付を受けている人
両下肢、体幹、移動機能の障がい 1級・2級
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障がい 1級・3級
免疫、肝臓の障がい 1級・2級・3級
◆戦傷病者手帳の交付を受けている人
両下肢、体幹の障がい 特別項症・第1項症・第2項症
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障がい 特別項症・第1項症・第2項症・第3項症
◆介護保険の要介護者で要介護5の認定を受けている人
●代理記載制度
 郵便等による不在者投票の対象者で次のいずれかに該当し、自ら投票の記載ができない人は、代理記載人に投票用紙に記載してもらうことができます。この場合、あらかじめ、代理記載人の届出が必要です。下記 2)をご覧ください。

◆身体障害者手帳の交付を受けていて、上肢又は視覚の障がいの程度が1級の人
◆戦傷病者手帳の交付を受けていて、上肢又は視覚の障がいの程度が特別項症、第1項症、第2項症までの人
●郵便等投票証明書の交付手続き
 郵便等による不在者投票をするためには、あらかじめ「郵便等投票証明書」の交付を受ける必要があります。
郵便等投票証明書申請書
(ア)「郵便等投票証明書申請書」
ダウンロード
1) 代理記載制度を利用しないでよい人
 選挙人が署名した(ア)「郵便等投票証明書交付申請書」(ダウンロード)により選挙人名簿に登録されている区の選挙管理委員会に申請します。
〈添付書類〉
・身体障害者手帳、戦傷病者手帳もしくは介護保険の被保険者証
2) 代理記載制度を利用する人
  @ すでに「郵便等投票証明書」の交付を受けている人
 (イ)「公職選挙法第49条第3項に規定する選挙人に該当する旨の記載に係る申請書」(ダウンロード)(選挙人の署名は必要ありません。)及び(ウ)「代理記載人となるべき者の届出書・同意書及び宣誓書」(ダウンロード)により選挙人名簿に登録されている区の選挙管理委員会に申請します。「同意書及び宣誓書」には代理記載人の署名が必要です。
〈添付書類〉
・郵便等投票証明書
・身体障害者手帳もしくは戦傷病者手帳
   
 
公職選挙法第49条第3項に規定する選挙人に該当する旨の記載に係る申請書 代理記載人となるべき者の届出書・同意書及び宣誓書
(イ)「公職選挙法第49条第3項
に規定する選挙人に該当する旨
の記載に係る申請書」
ダウンロード
(ウ)「代理記載人となるべき者の
届出書・同意書及び宣誓書」
ダウンロード
  A 初めて申請する人
     (エ)「郵便等投票証明書交付申請書(代理記載対象者用)」(ダウンロード)(選挙人の署名は必要ありません。)及び(ウ)「代理記載人となるべき者の届出書・同意書及び宣誓書」(ダウンロード)により選挙人名簿に登録されている区の選挙管理委員会に申請します。「同意書・及び宣誓書」には代理記載人の署名が必要です。
〈添付書類〉
・身体障害者手帳もしくは戦傷病者手帳
   
郵便等投票証明書交付申請書(代理記載対象者用) 代理記載人となるべき者の届出書・同意書及び宣誓書
(エ)「郵便等投票証明書交付申請書」
(代理記載対象者用)
ダウンロード
(ウ)「代理記載人となるべき者の
届出書・同意書及び宣誓書」
ダウンロード
     詳しくはこちらをご覧ください。
●投票の方法
1) 代理記載制度を利用しないでよい人
郵便等投票用紙請求書
(オ)
「郵便等投票用紙請求書」
ダウンロード
  @ 投票用紙の請求
     選挙人が署名した(オ)「郵便等投票用紙請求書」(ダウンロード)で投票用紙を請求してください。
 上記請求書を選挙人名簿に登録されている区の選挙管理委員会に郵送または代理の人が持参してください。投票日の4日前の17時までに届かないといけませんので手続きはお早めにお願いします。
〈添付書類〉
・郵便等投票証明書
  A 投票用紙の郵送
     選挙人名簿に登録されている区の選挙管理委員会から投票用紙が郵送されてきます。
  B 投票用紙への記載及び選挙管理委員会への郵送
     選挙人が投票用紙に記載し、所定の封筒に入れて必ず郵便等で選挙人名簿に登録されている区の選挙管理委員会に郵送してください。(選挙人や代理の人が持参することは認められません。)
     
2) 代理記載制度を利用する人
郵便等投票用紙請求書(代理記載対象者用)
(カ)
「郵便等投票用紙請求書
(代理記載対象者用)」
ダウンロード
  @ 投票用紙の請求
     (カ)「郵便等投票用紙請求書(代理記載対象者用)」(ダウンロード)(選挙人の署名は必要ありません。)で投票用紙を請求してください。
 上記請求書を選挙人名簿に登録されている区の選挙管理委員会に郵送または代理の人が持参してください。投票日の4日前の17時までに届かないといけませんので手続きはお早めにお願いします。
〈添付書類〉
・郵便等投票証明書
  A 投票用紙の郵送
     選挙人名簿に登録されている区の選挙管理委員会から投票用紙が郵送されてきます。
  B 投票用紙への記載及び選挙管理委員会への郵送
     代理記載人に投票用紙に記載してもらって、所定の封筒に入れて必ず郵便等で選挙人名簿に登録されている区の選挙管理委員会に郵送してください。(選挙人や代理の人が持参することは認められません。)
※申請書等をご覧頂くには、Adobe社の「Acrobat Reader」が必要です。お持ちでないかたは、右のアイコンをクリックしてAdobe社のホームページからダウンロードしてからご覧ください(ダウンロードは無料です)。

投票所の整備など
各投票所に下記のものを備え付けています。必要な場合には係員が介助しますので、何でもお気軽にお申し出ください。
出入り口のスロープ
車いす
低い記載台(座って記載したり、車いすのまま記載できる)
用箋(ようせん) ばさみ<バインダー>(手の不自由な人、幼児を抱いた人などが片手で記入するために投票用紙を固定できる)
点字器、点字の候補者氏名・政党名名称表
老眼鏡
ルーペ
補助照明(手元を照らすためのもの)

投票所入場整理券に点字シールを
 視覚障がい者で希望する人には、一般の郵便物と簡単に区別ができるように選挙の投票所入場整理券であることを表示した点字シールを貼って、投票所入場整理券を郵送します。電話などで区の選挙管理委員会に申し込んでください。(連絡先はこちら
 一度申し込みいただくと、その後の選挙の際にも点字シールを貼って投票所入場券を郵送します。選挙の都度申し込んでいただく必要はありません。

点字投票
 視覚に障がいのある人は、点字で投票することができます。
 投票所には点字器と点字の候補者氏名・政党名名称表を備え付けています。
 点字での投票を希望される方は、投票所係員にお申し出ください。

代理投票
 身体の障がいなどで、ご自分で投票用紙に記載することができない人は、投票所の係員が代筆する代理投票ができます。
 (付き添いの人が代筆することはできません。)
 代理投票を希望される方は、投票所係員にお申し出ください。


↑上へ
 
Copyright (C) 2011 City of Fukuoka All rights reserved.
HOME