現在位置:福岡市ホームの中の早良区の中のくらしの情報の中の子ども・子育てから高取校区「あそびじゅく」(公民館事業)
更新日: 2018年4月12日
 

高取校区「あそびじゅく」
(主催:高取公民館 共催:げんこじゅく、高取校区子ども会)
【公民館子どもの健全育成事業】

 

1.実施日時・場所

平成30年3月10日 土曜日 祖原山一帯、祖原公園

 


2.参加人数

  • 小学生 28名
  • 中学生 54名
  • 大人  約17名(保護者)
  • スタッフ 約23名(公民館、自治協、げんこじゅく:校区の団体 ほか)
  • 中学校校長ほか 5名
 


3.内容

 「あそびじゅく」は、ほぼ毎月開催されている高取公民館の育成事業です。NPOや中学校、校区衛生連合会ほか諸団体との共催・協力によって、多彩なプログラムを展開し、子どもたちが楽しく遊びながら校区の方々との交流を深めているのが特徴です。29年度も「クリスマスリースづくり」や里山へ出かけての「パン作りや木工体験」、オイスカ西日本研修センター(早良区脇山校区)の海外研修生協力による「世界の絵本」「防災教室」など様々な活動を実施してきましたが、3月は恒例の「祖原山清掃&ゲーム」でした。

 高取中学校からは、演劇部や、生徒会の呼びかけに応じた一般生徒54名が校長先生と一緒に参加。明るく元気に交流して活動を盛り上げていました。


4.寄せられた感想

  • (子どもたち)「楽しかった」「お芋がおいしい」「公園がきれいになったね」
  • (地域の方々)挨拶する高取中生徒会役員に目を細め「こんな子ども(孫)が欲しいね」
  • (高取中学校校長先生)「清掃活動や餅つきなど、今年度は室見校区と併せて延べ500名程が、地域の方たちと一緒に地域活動に参加することができました」
  

 
先生の話を聞く参加者たちの写真
 

中学校校長先生のお話

 

 
竹ぼうきを手にする中学生たちの写真
 

掃除道具を渡し、清掃開始!



 
子どもと大人入り混じって遊ぶ参加者たちの写真
 

ゲーム開始 みんな清々しい笑顔です

 
 
大きな列になった参加者たちと、指示をする下宮氏の写真

進行は子ども団体地域指導員の下宮氏

 
 
ゲームを終えて談笑する参加者の写真

楽しかったね

 
 
公園に積まれたたくさんのごみ袋の写真

40分ほどで集めた落ち葉などのごみは、80袋



参加賞を手渡ししている写真

お疲れさまでした。参加賞です!



公園でくつろぐ親子の写真

きれいになった公園で、お芋を食べました



5.主催者から

 NPOさんとの共催により、自然体験・環境学習関係講座を開催しています。現存する各単位町子ども会のバックアップも目的としており、企画の段階から子ども会さんの意見を取り入れています。参加してくれた子どもたちが、色々な体験を通じ、校区に愛着を持ってくれたら、これ以上の幸せはありません。