現在位置:福岡市ホームの中の早良区の中の◆ライフイベント(削除予定)の中の子育てから賀茂校区 「しゃべろう会」
更新日: 2016年11月1日
 

賀茂校区 「しゃべろう会」
トークフォークダンス
(賀茂校区青少年育成会主催)

 

1.実施日時・場所

 
 
  1. 日時:平成28年9月24日(土曜日)
  2. 場所:賀茂公民館講堂

2.参加人数


中学生15名,自治協・地域の大人15名 計30名


3.ねらい・目的

 中学生が地域の様々な世代や立場の大人たちとしっかり対話することで、コミュニケーション能力を伸ばすとともに、自己の生き方や地域のあり方を考えるきっかけにしてほしい。

 賀茂校区の大人が、青少年健全育成のために、家庭・学校・地域が連携して取り組むことの大切さを再確認するとともに、 身近な中学生の「今」と彼らを取り巻く環境について理解を深めたい。


4.工夫したこと


 毎年行う「しゃべろう会」ですが、今回は参加者ひとり一人が語って聴くことができるように「トークフォークダンス」という形式を取り入れて企画しました。


5.成果といえること


 アンケートでは,老若問わず全員が「楽しかった/また参加したい」と回答。今回は校区自治組織の大人が中心でしたが、より多くの地域の大人に枠を広げていっていきたいとの話も出ました。


6.代表者コメント


 これまでお菓子作りや餅つきなどを通しての中学生と地域の人との「しゃべろう会」を行ってきましたが、なかなかじっくり対話して参加者が満足することが難しく、区のアドバイザーに相談したところ、プロの司会者により全員が話して聴くこの会の実践例を紹介され、地域の人達の顔を良く知る青育連メンバーによる司会でやってみることにしました。次は時間に余裕をもって、話したい・聴きたいテーマを広く募集すると、もっと広がりのある良い会になりそうだと思います。


7.区役所コメント


 賀茂校区青育連の皆さんはほとんど現役保護者ですが、地域や自治協の皆さんともよく顔見知りで、心配りも行き届いて感心させられます。おひとりお一人の顔を思い浮かべて「しゃべろう会」の企画を試行錯誤してこられ、今回のご提案にも「喜んでもらえそうだ」と果敢に挑戦されました。

 

膝をつきあわせて話し合う大人と子どもたちの様子
 

内側が大人、外側に中学生

 
子どもたちと話が弾む大人たちの様子
 

世代を超えて話が弾みました。

 
質問リストの写真
 

質問リスト。話したい・聴きたいテーマが広がります。