早良区彩食健美の玉手箱
文字サイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:福岡市ホームの中の早良区の中の早良区  彩”食”健”美”の玉手箱の中のよかとこ情報探検隊の中の取材記事から紅葉八幡宮 初詣の様子(2019年)
更新日: 2019年1月9日

紅葉八幡宮 初詣の様子(2019年)

紅葉八幡宮の本殿に人が並んでいる写真

紅葉八幡宮の初詣の様子です。(上写真は上玉利さん撮影)
この写真は1月3日の様子ですが、まだまだ大勢の参拝客が押し寄せて、神社の外側まで並んでいました。

※紅葉八幡宮についてはこちらから


上玉利さん撮影(1月3日)

紅葉八幡宮の参拝者の写真


石段に人が並んでいる写真


紅葉八幡宮の破魔矢の写真


大門松は、絵馬やみくじがびっしりと結び付けられています。

紅葉八幡宮ジャンボ門松の写真


本殿の裏には、大きな絵馬があって、自由に書き込むことができます。

紅葉八幡宮境内にある大きな絵馬の写真


長島さん撮影(1月2日)

境内にそびえたつジャンボ門松の写真

境内では,大門松の出迎えを受けます。
各種の屋台が立ち並び,参拝者は射的などのゲームや軽食を楽しみ,
おみくじを家族で見せ合う場面が見られるなど,和やかな正月風景でした。


軽食を売る出店などが並んでいる写真


おみくじに集まる人々の写真


和風の犬用衣類を身に着けたダックスフント2匹の写真


巫女姿の女性1人が筑紫舞を披露している写真

神楽堂では筑紫舞奉納を観賞しました。
筑紫舞の起源は古く,8世紀にも遡るといわれ,
筑紫傀儡子(つくしくぐつ)と呼ばれる人々に伝承されてきた
「神舞(かんまい)」や「くぐつ舞」などからなる伝統芸能だそうです。


烏帽子をかぶった和装での礼服を着用した女性二人がきらびやかな扇子を持って舞を披露している写真


赤と青の和装の女性が正面を向いて二人並び,白くて長いベールのようなものを使って舞を披露している写真


日下さん撮影(1月2日)

赤と青の和装の女性が互いに背を向け膝をついた状態で,白くて長いベールのようなものを使って舞を披露している写真

神楽堂に,紅太鼓初打ち奉納と筑紫舞奉納を見に行ってきました。


舞台の上で,「紅太鼓」と書かれた法被を着た5人の人たちが後ろ向きで太鼓を叩いている写真


舞台の上と舞台の前で,皆が太鼓のスティックを斜めに指している写真


巫女姿の女性1人が笹でできた神具のようなものを使い,舞を披露している写真


烏帽子をかぶった和装での礼服を着用した女性二人がきらびやかな扇子を持って舞を披露している写真


赤と青の和装の女性が向き合って飛んだ瞬間をとらえた写真


赤と青の和装の女性が折り重なりあい,白くて長いベールのようなものを使って舞を披露している写真


境内にあるジャンボ門松を下から見上げた写真


 
 (こちら区民情報局よかとこ情報探検隊の上玉利さん,長島さん,日下さんによる取材記事 取材日:平成31年1月2,3日
 ※「こちら区民情報局よかとこ情報探検隊」とは、早良区民が隊員として地域の名所・旧跡やイベントなどの取材活動を行っているものです。



 このホームページについて | アクセシビリティについて | 個人情報の取り扱いについて | リンク・著作権等