早良区彩食健美の玉手箱
縮小 標準 拡大 音声読み上げ・ふりがな機能を利用する
HOME > 早良区 > 早良区彩食健美の玉手箱 > お出かけスポット > 史跡・神社仏閣 > 安楽平城跡
  

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得
  

安楽平城跡(あらひらじょうあと) 福岡市早良区・荒平山

 早良平野を貫流する室見川(早良川)上・中流域の東西丘陵や山頂には、荒平城をはじめ飯盛城、都地城、曲淵城など平野の要所を占める中世山城が知られています。荒平城は油山の一支山である荒平山(標高392m)にあり、豊後の戦国大名大友氏の配下にあった小田部民部大輔鎮通が、天文22年~天正7年(1553~1579)の間、居城としました。
 山頂を本丸(方30間)とし、その下の尾根部分を二の丸(方15間)としています。天正7年、肥前龍造氏に攻められ落城。
 なお古文書にはこれより以前の寛正6年(1465)、文明10年(1478)に荒平城のことが見えています。 現在も堀切、石垣、土塁などが残り、本丸跡には安楽平城跡の碑が建っています。

(写真提供:福岡市教育委員会 文化財部)

安楽平城跡の碑 荒平山 石垣跡
詳細地図
サイトマップ
早良区役所 企画課
〒814-8501 福岡市早良区百道2丁目1-1  電話:092-833-4307 FAX:092-846-2864
このホームページについて | アクセシビリティについて | 個人情報の取り扱いについて | リンク・著作権等