現在位置:福岡市ホームの中の観光・魅力・イベントの中の市関連のイベント・講座などの中のイベント情報一覧から年末に向けたベジフルスタジアムの様子
更新日: 2016年12月13日
 

年末に向けたベジフルスタジアムの様子

 

もうすぐ今年も終わりますね。多くの方が年越しに向けてお忙しい日々を過ごされていることと思います。市場内も移転後初の年末に向けてだんだんと慌ただしくなってきたような感じがします。
ベジフルスタジアム内で様々な物販をしている店舗(関連事業者)では,年末や新年を迎えるための商品が並んでいるのを目にする機会が増えました。

 


 
かぼすブリの写真
 

かぼすブリだそうです。先日,食べたときの感想ですが,なるほど,確かにかぼすのようなさわやかな味がしました。なんでも養殖のエサにかぼすが使われているそうです。
ちなみに,これは半身が真空パックにされています。お刺身用にもお雑煮用にも簡単に調理できそうですね。

 


 
数種類の昆布の写真
 

昆布もいろんな種類があることを教えてもらいました。
例えば,羅臼昆布や利尻昆布。これは出汁を取るには最高だそうですが,旨味がすべて出汁に出るので,出汁を取ったあとに佃煮にするのにはあまり向かないそうです。
一方,野菜昆布というのは出汁を取るのにはあまり向かない代わりに,昆布の旨味も適度に残るので,佃煮や昆布巻きなど味付けをして食べるとおいしいそうです。

 



焼きあごの写真 
 

こちらは焼きあごです。九州のお雑煮の出汁と言えばあごだしが主流でしょうか。
あごとはみなさまご存知,トビウオのことです。上品なお出汁が取れるそうです。出汁を取るときは,焼きあごだけではなく,昆布と一緒に出汁を取ることでとてもおいしくなるそうです。




数の子の写真

数の子は調理の過程で薄皮を取らないといけませんが,慣れてくるとツルッと取れて快感です。おいしい食べ方がわからなければ,遠慮せずにお店に聞いてください。丁寧に教えてくれます。
子宝と子孫繁栄を祈る縁起物の数の子。縁起もよくておいしい数の子を提供してくれるニシンに感謝です。




 
数種類の花の写真
 

家や職場などをきれいに彩ってくれるお花もあります。奥に写っているのは胡蝶蘭ですね。シクラメンやポインセチアなどもありました。鉢物だけではなく,切花もご用意しています。
木曜日は花市場のせりがお休みらしく,いつもよりは種類がちょっとだけ少ないそうですのでご注意を。





 
販売しているお菓子の写真
 

お子様たちのクリスマス会をご予定されている方々もいらっしゃるのではないでしょうか。
お菓子を箱単位で販売しているお店もありますので,いろいろと購入して小分けすれば,お子様たちに喜ばれること間違いなしです。



このように,ベジフルスタジアムにはいろいろなものが揃っていますが,残念ながら野菜やくだものは常設販売はしておりません

理由は,今回ご紹介したような関連事業者の店舗が,元々は青果店に対して青果物とそれらの加工品以外の生鮮食料品等の卸売をするためのお店だからです。わかりにくいですよね。

もう少し詳しく説明しますと,昔から青果店では,野菜やくだものだけではなく,お漬物やお花,干物などを一緒に売っていることが多かったと思います。そういうお店が野菜やくだものを仕入れるために市場に来た際に,一緒に売るための商品を市場で仕入れることができるように関連事業者があります。

つまり,野菜やくだものは卸売場で販売しているので,それ以外の商品が関連事業者の店舗で販売されているというわけです。


ベジフルスタジアムは,卸売場も含めて見学していただけます。また,関連事業者が店舗を構えている青果市場会館は一般開放しておりますので,これらのお店をご利用いただくこともできます。

ただ注意していただきたい点が一つだけ。

関連事業者は,市場が開いている日の午前中を中心に営業しております。午後は閉まっている店舗も多く,残念ながら賑わいを感じていただきにくいかもしれません。


およそ10名様以上の団体で事前にご予約いただくと,職員が市場の見学案内をさせていただきますので,お気軽に下記までお問い合わせください。

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。