現在位置:福岡市ホームの中の南区の中の魅力・イベントの中のイベント・募集から令和元年度 南区「人権を考えるつどい」を開催します
更新日: 2019年7月18日

令和元年度 南区「人権を考えるつどい」を開催します

主催 南区人権尊重啓発連絡会議・南区役所


南区の各校区では,差別のない,一人ひとりの人権が大切にされる地域づくりをめざし,校区の特徴を活かした様々な取り組みが行われています。これらの取り組みをさらに継続・発展させ,人権尊重の明るいまちづくりの推進を目的に「南区人権を考えるつどい」を開催します。みんなで人権の大切さを考えてみませんか。


開催日時

令和元年9月12日 木曜日 午後2時から3時30分まで 午後1時30分開場


会場

福岡市立南市民センター文化ホール (南区塩原2丁目8-2)


内容

演題

「息子よ。そのままで、いい。」


障がい者の家族として、2016年、相模原市の障がい者施設で発生した殺傷事件の犯人と対話してきたRKB記者による講演です。ドキュメンタリー映像も用いながら、現代日本に広がる差別の姿を考えます。


講師

神戸(かんべ) 金史(かねぶみ) さん(RKB毎日放送 報道局次長 兼 東京報道制作部長)


講師プロフィール

1967年、群馬県生まれ。1991年に毎日新聞に入社。長崎支局で雲仙・普賢岳大火砕流に遭遇し、災害取材に専従。2005年にRKBに転職、「今日感ニュース」の報道に携わる。ドキュメンタリー『うちの子自閉症という障害を持って』を制作し、JNNネットワーク大賞を受賞。2019年TBSラジオと共同でドキュメンタリー『SCRATCH 差別と平成』を制作、「放送文化基金賞」最優秀賞、「ギャラクシー賞」奨励賞を受賞。


「令和元年度南区人権を考えるつどい」のチラシはこちら (546kbyte)pdf


定員

800人(当日先着順) 入場無料 事前申込不要


託児

1歳から就学前の幼児。無料。先着10人。事前申込必要。
9月5日(木曜日)までに南区役所生涯学習推進課へ。


その他

手話通訳あり・要約筆記あり


託児のお申し込み お問い合わせ

南区役所 生涯学習推進課
〒815-8501 福岡市南区塩原3丁目25の1
電話 092-559-5172
FAX 092-562-3824
e-mail gakushu.MWO@city.fukuoka.lg.jp


関連リンク

南市民センター