現在位置:福岡市ホームの中の南区の中の魅力・イベントの中の校区の魅力から若久校区自治協議会から義援金が寄せられました
更新日: 2017年10月17日
 
 
ウィズザキュウシュウのマーク

若久校区自治協議会から義援金が寄せられました

 

熊本地震で被害を受けられた皆さんへの支援として、若久校区自治協議会から義援金の申し出があり、6月17日(金曜日)に南区役所で受け渡し式が行われました。
 
受け渡し式では、同会の大森会長、戸部田事務局長から、細川南区長に1,060,221円手渡しました。

若久校区自主防災会長でもある大森会長他4人の皆さまが、5月26日(木曜日)に熊本市・益城町・西原村を視察し、校区に報告したところ、同校区の全17町内会より自主的に「被災地の皆様のお役に立てて下さい。」と義援金の申し出があったそうです。

大森会長は、「私達の気持ちを伝えてほしい。視察したことを教訓に、自主防災に励みたい。」と話されていました。


 
義援金受領した後の集合した様子

左から大森会長、戸部田事務局長、細川区長、西田総務部長