福岡市 南区
文字サイズ
縮小標準拡大
音声読み上げ
現在位置:福岡市ホームの中の南区の中の南区の魅力・イベントの中の校区の魅力から【横手校区】横手の年越し
更新日: 2016年1月14日
 

【横手校区】
横手の年越し

 

()き上げ


 
お焚き上げの様子の画像1
 

お焚き上げは人間の思いがこもった物を焼くことで供養する行事



 
初詣の様子の画像1
 

今年も良いことがありますように!



 
初詣の様子の画像2
 

お神酒を振る舞う氏子さんたち



 江戸時代前期に建立された横手宝満宮の越年行事「お焚き上げ」が大晦日の午後11時過ぎから行われました。
 お焚き上げとは一年間祀った神札やお守りなどを神社の庭で燃やすことにより天界に還すという意味のあるものです。
 横手3丁目伝統行事実行委員会の役員たちによって()かれた火を囲み、氏子の人たちが近くの住民たちの参拝がなくなる午前2時までお神酒と三宝に乗せた昆布やするめ、福飴で参拝客の接待をしていました。
 午後11時過ぎの時点では少なかった初詣の人たちも、紅白歌合戦が終わる時刻になると急に増え始め、境内は家族連れで参詣に来る善男善女でにぎわいました。


 

ほんげんぎょう


 
ほんげんきょうの様子の画像
 

火祭り ほんげんぎょう


 

奉納太鼓の様子の画像
 

奉納太鼓


 明けて1月10日(日曜日)には同じ宝満宮にて横手ほんげんぎょうが行われました。
 周囲は大人3人が手をつないだくらいで、高さは4~5㍍に束ねた青竹に点火し、正月の注連縄(しめなわ)やお飾りなどを燃え盛る火で焼きます。その火にあたれば、その年は病気にならないといわれています。他の地方では「どんどやき」「左義長(さぎちょう)」などと言われる行事です。
 昔は正月七日に横手村中の辻々で行われていましたが、現在では伝統行事実行委員会の手により、1月7日に近い日曜日の午前中に行われています。消え去る伝統行事も多いなか、同委員会の努力で参加者は年々増え続けています。
 この日も多くの人々が詰めかけ、横手3丁目の女性たちが作ったぜんざいやお神酒などの接待に感謝しつつ、新年のあいさつを交わしていました。
 また、横手太鼓集団の夢心(こころ)が叩く奉納太鼓の響きで、会場は新春の熱気に溢れ、大いに盛り上がっていました。




 

このページに掲載している記事は「みなみ情報発信隊」隊員が取材し、作成したものです。



 

掲載記事に関する問い合わせやご意見はこちらへ