本文へジャンプ
福岡市南区文字サイズ
文字を小さくする文字の大きさを標準に戻す文字を大きくする
音声読み上げ機能を利用する福岡市トップページへ
区政情報区役所と関連施設魅力・イベントくらしの情報
現在位置:HOMEの中の南区の中の南区の魅力・イベントの中のみなみ情報発信隊から【三宅校区】アミカス寸劇隊がやってきた!
更新日: 2016年3月28日
 

【三宅校区】

平成28年1月23日(土曜日)三宅校区男女共同参画「研修会」

三宅校区男女共同参画協議会主催


同時開催「非常食研修」試食会

三宅校区安全安心まちづくりネットワーク給食・給水班


アミカス寸劇隊がやってきた


 校区参加者52人、男性26人、女性26人、講師3人、視察見学2人、総勢57人の三宅校区男女共同参画「研修会」に、「アミカス寸劇隊」がやってきました。
 講師、牛房さん・太田さん・羽野さん3人での寸劇を披露して頂きました


3人の講師の顔写真です

講師の羽野さん、太田さん、牛房さん

母のジレンマ・仕事と生活の調和をテーマにした寸劇の一場面

寸劇「息子夫婦・娘夫婦」の場面


寸 劇
タイトル 「息子夫婦・娘夫婦」
テーマは、「母のジレンマ・仕事と生活の調和」


 共働きの息子夫婦の家庭で、息子が家事・育児をするのを情けないと思う母。一方共働きでも家事を全くしない娘の夫に憤慨する母という内容です。
 この寸劇のテーマをもとに「ワークショップ」をしました。7班、各班の感想を発表して頂きました。


内藤さんが感想を発表している様子

1班発表は、男女協委員
内藤さん


挾間館長が感想を発表している様子

2班は三宅公民館
挾間館長


中西会長が感想を発表している様子

3班は社会福祉協議会
中西会長


寒竹さんの発表の様子

4班は、大橋2丁目2区自治会から参加の寒竹由紀子さんに、感想文を投稿していただきました。

 感想文

 「男女共同参画社会」という言葉はきいたことはありましたが、具体的にどういう事なのかは知らず、社会(職場)においての事だと、難しく考えていました。今回の研修会に参加して、地域やもっと身近な家庭において、性別を理由に排除されてきたあらゆる分野に参加する機会、他者と違う生き方をしている人を認める事の大切さ、「参加」ではなく企画・計画の段階から「参画」することだと知る、いい機会になりました。


中村会長の発表の様子

5班発表は、体育振興会
中村会長


古賀会長の発表の様子

6班は、子ども会育成会
古賀会長


丸山会長の発表の様子

7班は、三宅小PTA
丸山会長


 7班、三宅小学校PTA会長の丸山健介さんは、炊事以外の家事は、努めて協力をしているそうです。子どもが一人二人と生まれる内に、奥様の苦労が見えてきて、自然と手伝う様になっていったそうです。相手を思いやり「目配り、気配り、心配り」が必要ではないかと思いますと発表されました。



朗読劇 「男女共同参画社会ですから」

 ある地域に新しくまちづくり委員会が誕生します。公民館の会議室で、机を囲んで各町内会から委員となった8人が、今から役員決めをするところという設定。
 各テーブル7人の参加者全員に、台本を配布し、配役の足りない1班には、筑紫野市男女共同参画推進部から視察の甲斐智子さんと、男女共同参画推進センター・アミカス事業部の溝口彰吾さんに入って頂きました。


校区自治協議会の山口会長、校区男女共同参画協議会の早津田会長、筑紫野市から来た甲斐さんの写真

自治協議会 山口会長、筑紫野市から甲斐さん、三宅男女協の早津田会長


テーブルを囲んで朗読劇をしている様子

熱の入った朗読劇


テーブルを囲んで朗読劇をしている様子2

皆さんに、朗読劇は好評だったようです


真剣な表情で朗読劇を行う皆さん

真剣に役になりきっていました




アンケートから
 女性の立場からしますと、女性の社会進出できるために非常に素晴らしく嬉しい講座でした。ただ、やはり女性メインではなく“男性も尊重できるよう” な取り組みも大切なのでは?と思います。
 男性が家事、育児の関わるためには、企業の理解も必要なため、ぜひ、企業へのアプローチもして頂きたいです。





給食・給水班非常食試食会

 毎年1月の第4土曜日は、防災組織「給食給水班」の非常食作りを行なっています。
 せっかく作るので、毎年、男女共同参画の「研修会」の参加者と、毎月第4土曜日に三宅小学校体育館で行われている「わくわくスポーツ塾」事業に参加した子ども達と付き添いの保護者にも試食して頂いています。


協力して料理を作っている様子

ひじき炊き込みご飯をおにぎりにしている様子

大橋地区給食・給水班協力者9人。朝9時から準備して11時にはスタンバイOK。今年は、だご汁とひじき炊き込みご飯、かんたん大根千枚漬け、毎回献立を考えるのが大変のようです。非常食ですから、もちろん「おにぎり」はラップで包みました。


非常食を食べる研修参加者1

非常食を食べる研修参加者2

子どもたちも非常食を食べました

少し物足りなさそうな子どもたち

 子どもたちは、おかわりが欲しそうでしたが、非常食なので少しで我慢してね!と理解してもらう

神田さんと能勢さんの写真

 非常食なのに、こんなに美味しい料理が食べられていいと思う。
 ひじきおにぎりがとてもおいしかった。   
 神田涼帆ちゃん 能勢梨菜子ちゃん



みなみ情報発信隊のトップページへ



 このページに掲載している記事は「みなみ情報発信隊」隊員が取材し、作成したものです。



掲載記事に関する問い合わせやご意見はこちらへ。 
                                                           
部署: 南区 総務部 企画振興課
住所: 福岡市南区塩原3丁目25の1
電話番号: 092-559-5064
FAX番号: 092-562-3824
E-mail: kikaku.MWO@city.fukuoka.lg.jp
 
 
(メール・ファクスの場合は、確認のため住所、氏名、電話番号をお書きください。
土日、年末年始はメールへの返信が遅れる場合があります)



このホームページについて | アクセシビリティについて | 個人情報の取り扱いについて | リンク・著作権等
Copyright(C)2008 Fukuoka City All Rights Reserved