サイトを移動するためのスキップリンクです。
このサイトの共通メニューへジャンプ
本文へジャンプ

子育て情報検索

前画面に戻る

予防接種

赤ちゃんが生まれたら1・2歳3~5歳小学生中学生・高校生

平成27年4月1日現在の情報です。

ヒブ感染症
対象年齢等

対象年齢は生後2か月~4歳ですが、接種開始年齢によって接種方法が異なります。
初回

◎標準的な接種パターン
・生後2~6か月に接種開始した場合、27日以上(標準は27~56日。医師が必要と認めるときは20日。)の間隔をおいて3回接種(生後12か月に至るまでに接種)
※生後12か月までに初回接種を完了していない場合は,初回接種の最後の注射終了後27日(医師が必要と認めるときは20日)以上の間隔をあけて追加接種を受けてください。
(標準以外)
・生後7~11か月に接種開始した場合、27日以上(標準は27~56日。医師が必要と認めるときは20日。)の間隔をおいて2回接種(生後12か月に至るまでに接種)
※生後12か月までに初回接種を完了していない場合の追加接種の間隔は標準パターンと同様です。
・1~4歳に接種開始した場合、1回接種で完了

追加 ◎標準的な接種パターン
生後2~11か月に接種開始した場合、初回接種終了後、7月以上(標準は7~13月)の間隔をおいて1回接種
実施場所 予防接種実施医療機関

小児の肺炎球菌感染症
対象年齢等

対象年齢は生後2か月~4歳ですが、接種開始年齢によって接種方法が異なります。
初回

◎標準的な接種パターン
・生後2~6か月に接種開始した場合、生後24か月(標準は生後12か月)に至るまでに27日以上の間隔をおいて3回接種
※初回2回目の接種が生後12か月を超えた場合は,初回3回目の接種はできません。
(標準以外)
・生後7~11か月に接種開始した場合、生後24か月(標準は生後12か月)に至るまでに27日の間隔をおいて2回接種
・1歳に接種開始した場合、60日以上の間隔をおいて2回接種で完了
・2歳~4歳に接種開始した場合、1回接種で完了

追加 ◎標準的な接種パターン
生後2~6か月に接種開始した場合、生後12か月以降(標準は生後12~15か月)に初回接種終了後60日以上の間隔をおいて1回接種
(標準以外)
・生後7~11か月に接種開始した場合、生後12か月以降に初回接種終了後60日以上の間隔をおいて1回接種
実施場所 予防接種実施医療機関

BCG
対象年齢等 1歳未満
標準的な接種期間:生後5か月~7か月
実施場所 予防接種実施医療機関

4種混合 (ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)
対象年齢等 1期初回

生後3か月~7歳5か月(20日以上(20~56日)の間隔をおいて3回)
標準的な接種期間:生後3か月~12か月

1期追加 同上 (1期初回接種(3回)後、6か月以上の間隔をおいて1回)
標準的な接種期間:1期初回接種(3回)後12か月~18か月
実施場所 予防接種実施医療機関
※4種混合ワクチンに代えて3種混合ワクチン(ジフテリア・百日せき・破傷風)と不活化ポリオワクチンの接種を受けることもできます。
2種混合 (ジフテリア・破傷風)
対象年齢 2期 11歳~12歳(1回)
標準的な接種期間:11歳
実施場所 予防接種実施医療機関

麻しん(はしか)・風しん
対象年齢等 1期 生後12か月~1歳11か月(1回)
※1歳になったらなるべく早く接種しましょう。
2期

小学校入学前の1年間(1回)
〈接種期間は4/1から翌年3/31までの間〉

実施場所 予防接種実施医療機関

水痘(水ぼうそう)
対象年齢等 生後12カ月~2歳11カ月
(3カ月以上の間隔をおいて2回)
標準的な接種パターン
1回目:生後12カ月から生後15カ月に達するまでに接種
2回目:1回目の接種後6カ月から12カ月までの間隔をおいて接種
実施場所 予防接種実施医療機関

日本脳炎
対象年齢等 1期初回

生後6か月~7歳5か月(6日以上(6~28日)の間隔をおいて2回)
標準的な接種期間:3歳

1期追加 生後6か月~7歳5か月(1期初回接種後6月以上(標準は概ね1年)の間隔をおいて1回)
標準的な接種期間:4歳
2期 9歳~12歳(1回)
標準的な接種期間:9歳
実施場所 予防接種実施医療機関
※勧奨の差し控えにより接種機会を逃した人に対して特例措置を実施しています。
詳しくはこちらをご覧ください。→日本脳炎予防接種の特例措置

ヒトパピローマウイルス感染症(いわゆる子宮頸がん予防ワクチン)
対象年齢等 小学6年生~高校1年生相当の年齢の女子(標準は1回目の接種から1又は2か月後に2回目、1回目の接種から6か月後に3回目の計3回接種 ※ワクチンの種類により2回目の接種間隔が異なります。)
標準的な接種期間:中学1年生相当の年齢の女子
※平成25年6月14日より子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしておりません。接種にあたっては、有効性とリスクを理解した上で受けるようにしてください。
実施場所 予防接種実施医療機関

★予防接種実施医療機関は、ピンク色のプレートを掲示してします。必ず、事前に医療機関へお問い合わせください。
★接種は、体調の良い日に、母子健康手帳及び予防接種手帳を持参のうえ、保護者同伴で受けてください。
ただし、13歳以上の人については、あらかじめ、摂取することの保護者の同意を予診票上の保護者自署欄にて確認できる場合は、保護者の同伴は必要ありません。

詳細は子どもの予防接種

お問い合わせ

各区保健福祉センター(保健所) 健康課

  • 東区

    東区箱崎2-54-27

    • 電話番号645-1078
    • FAX番号651-3844
  • 博多区

    博多区博多駅前2-19-24

    • 電話番号419-1091
    • FAX番号441-0057
  • 中央区

    中央区舞鶴2-5-1

    • 電話番号761-7340
    • FAX番号734-1690
  • 南区

    南区塩原3-25-3

    • 電話番号559-5116
    • FAX番号541-9914
  • 城南区

    城南区鳥飼5-2-25

    • 電話番号831-4261
    • FAX番号822-5844
  • 早良区

    早良区百道1-18-18

    • 電話番号851-6012
    • FAX番号822-5733
  • 西区

    西区内浜1-4-7

    • 電話番号895-7073
    • FAX番号891-9894

ページの先頭へ戻る