現在位置:福岡市ホームの中の子育て・教育の中のふくおか子ども情報の中の目的別の中の健康の中のお子さんの健康から先天性代謝異常等検査
更新日: 2018年4月9日

先天性代謝異常等検査

【対象:0歳】


先天性代謝異常等検査について

福岡市では、赤ちゃんの病気の早期発見・早期治療のためにフェニールケトン尿症など先天性代謝異常等の検査を行っています。これらの病気は、心身の発達に必要なある種の酵素が生まれつき欠けていたり、ホルモン合成の異常が原因でおこるものです。
また、これらの病気は、放置していると、心身の発達に異常をおこしますが、早期に発見し、治療することで発症を防ぐことができます。


対象疾患

フェニルケトン尿症、ホモシスチン尿症、楓糖尿症、ガラクトース血症、先天性副腎皮質過形成症、クレチン症


どのような検査ですか?

生まれて5日目から7日目の間に足の裏からごく少量の血液を採って検査します。


検査費用はかかるのですか?

市内の医療機関で出産し、検査をお受けになる場合は、検査費用は福岡市が負担しますので無料となります。
ただし、医療機関で行う採血にかかる費用(採血料)等は保護者の方の負担となりますのでご了承下さい。


検査を受けるには?

福岡市内の産科医療機関で出産される場合は、当該医療機関に申込みをして下さい。

福岡市外の産科医療機関で出産される場合(里帰り出産等)の検査・費用等については、当該医療機関及び各都道府県庁(政令指定都市は当該市役所)の母子保健事業担当に直接お問い合わせ下さい。