現在位置:福岡市ホームの中の子育て・教育の中の子ども・子育ての中のお知らせ(トピックス)の中のお知らせ(トピックス)から平成30年度福岡市医療的ケア児保育モデル事業を実施します
更新日: 2018年2月15日

「平成30年度 福岡市医療的ケア児保育モデル事業」を実施します

福岡市では,保護者の就労等により保育が必要で,医療的ケアを必要とする集団保育が可能なお子さんを対象として,平成30年度より「医療的ケア児モデル事業」を博多区の千代保育所で実施します。

1.対象となるお子様と受け入れ数

 保護者の就労等により保育が必要なお子さんで,保育中に医療的ケアが必要な集団保育が可能と判断されるお子さんが対象となります。

 また保育所で保育と医療的ケアを安全に行うことができる範囲(人数)で受け入れを行います。

2.判定

 この判定は,お子さんが看護師による医療的ケアを受けながら集団保育が可能であるか等を判断するもので,行政機関や専門機関関係者,保育関係者等で構成する「医療的ケア検討会議」での協議を参考に決定します。

 なお,判定に際しては,千代保育所において,事前に保護者同伴で観察保育を受けていただく必要があります。

3.申し込み手続き

 申し込みを希望される場合には,千代保育所をお子さんと一緒に訪問し,事前の説明を受けてください。

 その上で,「保育施設等利用申込書」に「医療的ケア実施申出書」や「主治医意見書」等を添えて,博多区保健福祉センター(博多福祉事務所)に提出してください。

4.利用の決定

 申し込みを踏まえて,看護師による医療的ケアを行いながら集団保育が可能であるか等を判断し,博多福祉事務所に通知します。博多福祉事務所長は,その結果と利用調整基準に基づき,利用の決定を行います。

5.その他

 利用の決定後,「主治医意見書」をもとに保育を行う上での注意事項等の協議・確認のため,保育所で面談を実施します。

 なお,医療的ケア児保育モデル事業に関するご質問等は,指導監査課にお願いします。