本文へジャンプ
人口 :1,551,633人  世帯数 :776,688世帯
(2016年8月1日現在) >>統計情報
福岡市
ウォーターフロントネクスト(中央ふ頭・博多ふ頭の再整備)福岡市無料公衆無線LANサービス「Fukuoka City Wi-Fi」
縮小標準拡大
文字サイズ
現在位置:HOMEの中のネットで手続きの中の申請書ダウンロードサービスから平成27年度保育施設等利用のご案内
更新日: 2014年10月31日

平成27年度福岡市保育施設等利用のご案内

 

注意事項

1 平成27年4月1日利用開始の申込みは、在園児と新規申込児で締切日が異なっています。ご注意ください。

  一次申込締切日

      在園児      平成26年11月20日(木)
     
      新規申込児   平成26年12月12日(金)


 
2 子ども・子育て支援新制度の実施に伴い、保育の必要性に応じた支給認定を受ける必要があります。
  また、保育の必要量によって下記のとおりに区分され、利用できる時間が異なります。

 「保育標準時間」の保育時間は1日あたり最長 11時間

 「保育短時間」 の保育時間は1日あたり最長 8時間

 
3 保育料算定の基礎が所得税額から市町村民税額に変更となるため、源泉徴収票、確定申告書の提出は原則不要となります。

 
4 利用を希望する保育施設等は第5希望まで記載できます。
  ※申込書には、希望する順番に保育施設等名を記載してください。
  ※在園児が現在利用している保育施設等以外を第1希望に記載した場合は、新規申込児として取り扱います。



*なお、福岡市が認定した私立幼稚園で、保育士資格を持つ職員がお子さんをお預かりする「幼稚園長時間預かり保育事業」を実施します。
 対象は、2歳児(平成27年3月31日の満年齢)のみです。
 詳しくは区の子育て支援課へお問い合わせください。

 ・ 初めてご利用になる方へ
 ・ 子ども・子育て支援新制度について
 ・ 利用申込みの前に
 ・ 保育時間
 ・ 開所日・休所日
 ・ 利用開始日・退所日
 ・ 利用申込みができるのは
 ・ 利用申込み方法
 ・ 利用の決定について
 ・ ならし保育について
 ・ 育児休業中の利用について
 ・ 保育料(利用者負担額)について
 ・ 第3子優遇事業について
 ・ 特別保育事業について
 ・ 福岡市保育施設一覧
 ・ 家庭的保育事業及び小規模保育事業について
 ・ 申請書ダウンロード
 ・ 問い合わせ先

 

初めてご利用になる方へ

 
  保育施設等利用のご案内、利用申込書等をダウンロードすることができます。利用申込みにあたっては、保育施         
 設等利用のご案内をよくお読みください。 → 平成27年度保育施設等利用のご案内

  ※平成26年度中の入所を希望の方は → 平成26年度入所のご案内


このページの先頭へ

  

子ども・子育て支援新制度について

 すべての子どもや子育て家庭を対象とし、一人ひとりの子どもが健やかに成長することができる社会を目指して、平成27年4月から、「子ども・子育て支援新制度」がはじまります。
 新制度の実施に伴い、幼稚園や保育所等を利用する際の手続きが変わります。幼稚園や保育所等の利用にあたっては、教育・保育の必要性に応じた「支給認定」を受けていただき、市から認定証を交付します。保育が必要な方は、市が利用調整を行うため、同時に、希望する保育施設等の利用申込が必要です。
 また、福岡市ホームページでも、新制度に関するQ&A等を掲載しています。
 子ども・子育て支援新制度に関するQ&A

 詳細は → 子ども・子育て新制度について (425kbyte)pdf 


このページの先頭へ

 

利用申込みの前に

 このご案内は、保育所、認定こども園、家庭的保育事業、小規模保育事業等の申込用です。

 保育施設等によって、その保育方針や取り組みはさまざまです。利用申込みにあたっては、必ず、希望されるすべての保育施設等をお子さんと一緒に事前に見学し面接及び重要事項の説明を受けてください。

このページの先頭へ

 

保育時間

月曜日~土曜日 …午前7時から午後6時まで
※保育短時間認定の場合は、上記時間の範囲で8時間以内
(保育施設等によって利用できる時間帯が異なります。) 
※注意 
 ○延長保育を実施している保育施設等・・・保育施設等利用のご案内:23~29ページ参照
 ○保育時間が午前11時から午後10時までの夜間保育所(前後に各4時間の延長保育を実施)
   ・・・第2どろんこ夜間保育園(博多区)、中央保育園(夜間部)(中央区)
 *舞鶴保育園(中央区)は、午前7時から午後6時までの通常保育に加え、夜間保育も実施しています。
 

このページの先頭へ

 

開所日・休所日

開所日・・・月曜日~土曜日
休所日・・・日曜日、祝日、12月29日から1月3日まで
※日曜、祝日等にも保育を行う休日保育を5か所で実施しています。
 詳細は → 休日保育

このページの先頭へ

 

利用開始日・退所日


利用開始日・・・各月1日、11日、21日
退所できる日・・・各月10日、20日、月末(次月1日の前日)
※注意・・・各月とも11日、21日利用開始及び10日、20日退所の場合の保育料は日割りとなります。

このページの先頭へ

 

利用申込みができるのは

 
保育対象年齢:生後3か月経過後~小学校就学前まで
次の(1)(住所要件)及び(2)(保育の必要性の事由)の両方を満たす場合に申込みができます。

  (1)  お子さんと保護者が福岡市に住んでいる。(福岡市に住民票があることを原則とします)
  (2)  お子さんの保護者が次のいずれかの事由に該当すること。
     ア)就労している(月60時間以上)
     イ)妊娠中または出産後間がない(出産月の前2か月から出産日の後8週間)
     ウ)疾病、負傷、障がい等がある
     エ)同居の親族(長期入院等をしている親族を含む)を常時介護又は看護している(月60時間以上)
     オ)災害等の復旧にあたっている
     カ)求職活動している
     キ)就学している(通信教育は含まない)(月60時間以上)
     ク)育児休業取得時に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること
     ケ)その他、前各項に類する状態であり福祉事務所長が必要と認める場合

このページの先頭へ

 

利用申込み方法


 平成27年4月1日の利用申込

1 必ず事前に利用を希望される保育施設等をお子さんと一緒に見学し、面接及び重要事項の説明を受けてださい。

2 平成27年4月1日利用申込み締切・選考結果発送日について

 
 

申込み締切・提出場所
選考結果発送日・発送書類

一次

【在園児】

平成26年11月20日(木)
平成27年2月6日(金)発送

 

決定者:支給認定証、
     利用決定通知書


決定とならなかった方:保留通知書
【新規申込児】※

平成26年12月12日(金)
第1希望の保育施設等


二次

平成27年 2月12日(木)平成27年2月27日(金)発送

決定者:支給認定証、
     利用決定通知書


決定とならなかった方:保留通知書
第1希望の保育施設等のある区の子育て支援課



最終

平成27年 3月 6日(金)
随時発送


決定者:支給認定証、
     利用決定通知書


決定とならなかった方:支給認定証、利用不承諾通知書
第1希望の保育施設等のある区の子育て支援課

※3月7日以降の申込みは4月11日以降の利用対象となります。ただし、施設に空きがある場合は、4月1日から利用できる場合もあります。
        ※平成26年12月生まれのお子さんの一次申込み締切日は、平成27年1月9日(金)です。



《保護者の方へのご注意とお願い》

1 提出された書類で内容の確認が取れない場合や疑義があるときは、追加資料の提出をお願いしたり、勤務先等への電話や書面による調査、各区子育て支援課での面接を行うことがありますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

2 同居している未就学児のうち、家庭での保育を希望するお子さんがいる場合は、原則として、利用の申込みはできません。

3 在園児の新年度申込みにおいて、保護者についての保育の必要性の事由(就労状況等)が前年度利用時点に比べ変化があった場合(求職中やパートの時間数の減少及び外勤から内職に変更した場合等)は、継続して利用できないことがありますのでご了承ください。また、在園児のきょうだい児の新規申込みにつきましても、利用要件によっては利用できないことがあります。

このページの先頭へ

 

利用の決定について

ア 提出された書類により福祉事務所長が利用を決定します。

イ 複数の保育施設等に利用を希望している場合は、いずれかの希望する保育施設等への利用が決定した
 段階で、他の施設への申込みは効力をなくします。決定した保育施設等以外を希望する場合は、改めて届け出が必要です。

ウ 利用申込みが利用定員を超えたときは、審査を行い、保育の必要性の高い方から利用を決定しますの
 で希望する保育施設等を利用できない場合もあります。

エ 一次選考については、原則として利用定員の範囲内で利用選考を行います。二次選考以降は、
 申込辞退や保育施設等の受入数が増加した場合などで、利用枠に空きがある場合のみ選考を行います。

福岡市保育施設等利用調整基準表 (119kbyte)pdf


このページの先頭へ

 

ならし保育について

 お子さんが新しい環境になれることを目的に、就労開始日(育児休業終了後の職場復帰の場合を含む)の2週間前からの利用を希望することができます(4月1日からの利用を希望される場合は、復職または就労開始が4月24日までの方が対象で、復職または就労開始までの間がならし保育の対象期間となります。)。ただし、保育時間は通常の保育時間より短くなりますが、保育料は通常の保育時間の場合と同額です。なお、ならし保育期間中の保育内容等につきましては、各保育施設等に、お問い合わせください。

このページの先頭へ

 

育児休業(育児・介護休業法に基づくもの)中の利用について

 育児休業期間中の新規利用はできません。
 保育施設等を利用しているお子さんの保護者が育児休業を取得する場合、そのお子さんは原則として利用できなくなります。ただし、育児休業を取得する際、出産日から1年以内に復職する場合は、保護者の申出により、その期間も継続して利用することができます。また、1年を超える育児休業の場合も、育児休業の対象児童が1歳になる月の末日まで継続して利用することができます。この場合、復職予定証明書に加え、育児休業期間中の利用継続を希望する内容の「育児休業に係る申立書」の提出が必要です。なお、4月1日から利用を希望される場合は、復職予定が4月24日までの方が対象となります。
 

このページの先頭へ

 

保育料(利用者負担額)について


 保育料の決定
 4月分から8月分まではお子さんの父母の平成26年度市町村民税額を合算した額に応じて決定し、9月分から3月分まではお子さんの父母の平成27年度市町村民税額を合算した額に応じて決定します。(父母の収入の合計額が103万円未満の場合は、同居の祖父母等の市町村民税額で決定する場合もあります)。

 保育料は、公立・私立にかかわらず同じですが、保育施設等に入所した年度の初日の満年齢(3歳未満か3歳以上)及びきょうだい児の利用の有無により金額が異なります。
 保育料は児童の当該年度4月初日の前日時点の年齢により決定されますので、年度の途中で3歳の誕生日を迎えても、その年度中は保育料は変わりません。平成27年度保育料(4月~8月分)は、平成27年3月末頃決定される予定です。

 保育料決定の詳細につきましては、平成27年度福岡市保育施設等利用のご案内のP20~P21をご参照ください。

 
 保育料の納付
(1)納付方法
 原則として金融機関での口座振替により納付してください。
 (振替日は毎月末日、12月は28日。金融機関休業日の場合は翌営業日)
   ※認定こども園、小規模保育事業、家庭的保育事業は直接施設にお支払いとなります。

(2)口座振替の手続き
 口座振替の手続きは、通帳、お届けの印鑑、口座振替依頼書をお持ちになり、口座がある金融機関で行ってください。(すでに口座振替により保育料を納付されているお子さんの分については、改めて手続きしていただく必要はありません。)

※ 新規の口座振替の手続完了までは1~2か月かかり、完了したら通知が届きます。それまでは、保育施設等を通じて納入通知書をお渡ししますので、納期限までに金融機関等で納付してください。

 保育料の多子軽減(きょうだい児減免)
 同一世帯でお子さんが2人以上同時に保育所(園)、家庭的保育事業、小規模保育事業、幼稚園、認定こども園または児童発達支援等(※)を利用している場合、保育施設等に入所しているお子さんの保育料が軽減され、上から2人目のお子さんは半額、3人目以降のお子さんは無料となります。

 なお、保育所(園)、家庭的保育事業及び小規模保育事業以外の施設等を利用しているお子さんについては、所定の届出書のほか在園証明書等の提出が必要です。提出後に幼稚園等の入所時点に遡って変更される場合がありますので、詳しくは、保育施設等がある区の子育て支援課にお問い合わせください。

 災害・疾病等による保育料の減免
 災害、疾病、その他やむを得ない理由により、保育料の全額または一部の支払いが困難と認められる場合に、保育料の減免が受けられることがあります。詳しくは保育施設等がある区の子育て支援課に相談してください。
 
 第3子優遇事業について
(1)事業内容
 福岡市では、18歳未満のお子さんを3人以上養育する保護者を対象に、第3子以降の子育てにかかる費用を軽減する「第3子優遇事業」を実施しており、「小学校就学前の3年間」にある第3子以降のお子さんの保育料を免除します。

(2)対象児童
 「小学校就学前の3年間」とは、お子さんが4歳を迎える年度の4月1日から満6歳に達する年度の3月31日までの期間です。
(平成27年度については、生年月日が平成21年4月2日から平成24年4月1日までの児童が対象です。)
※保育料免除の世帯は事業の対象となりません。

(3)その他注意事項
※ 本事業の対象となる方で、保育施設等利用申込書の第3子優遇事業申請欄の「希望しない」にチェックした場合は適用されません。
※ 18歳未満の兄・姉が市外に住んでいる場合(市外の私立小・中学校、高等学校に通い、学校の寮に入っている場合等)は、その兄・姉の住民票、当該申請者からの生計・養育状況を確認できる書類も必要となります。(在学証明書、健康保険証の写し等)
※ 保育施設等を退所し、幼稚園等に入園したり、家庭内で養育したりする場合等にも第3子優遇事業の対象となる場合があります。(幼稚園の保育料の助成、第3子手当等)

所得制限等の一定の要件がありますので、詳しくは各区子育て支援課へお尋ねください。

 保育料表

平成27年度 保育料表(案) (420kbyte)pdf

このページの先頭へ

 

特別保育事業について

 延長保育、休日保育、障がい児保育等の特別保育事業を実施しています。なお、特別保育の内容は保育施設等によって異なります。詳しくは各保育施設等へお問い合わせください。(延長保育は毎月納付する保育料とは別に費用がかかります。)

 延長保育
 1時間、2時間、3時間、4時間の延長保育を実施しています。申込みは、
  ・公立保育所…利用している保育所またはその区の子育て支援課へ
  ・私立保育所…直接、延長保育を実施している保育施設等へ
 
  
 休日保育
 市内の認可保育施設等利用者を対象に、日曜・祝日等にも保育を行う休日保育を、香椎保育所(東区)、中央保育園(中央区)、どろんこ保育園(博多区)、那珂保育所(博多区)、田隈保育所(早良区)で実施しています。

 申込みは直接、休日保育を実施している保育施設等へ
 
 障がい児保育
 集団保育が可能な障がいや発達の遅れがあるお子さんを対象に保育を行います。

(利用申込み時に、保育施設等または利用希望保育施設がある区の子育て支援課へ申し出てください。)

 一時保育
 一時的に家庭での保育が困難になる保護者のために、一時保育を実施している保育施設等があります。

 週3日以内、もしくは連続14日以内の範囲で利用できます。

 申込みは、一時保育を実施している保育施設等で受け付けています。保育時間は原則として、
  平日…午前9時から午後5時まで
  土曜…午前9時から午後3時まで

 産休明けサポート事業
 
 保育施設等の入所は生後3か月経過後からとなっています。

 産休明けからの保育が必要な場合、保育施設等の利用要件を満たす方は、生後3か月を経過するまでの間、ベビーシッター派遣費用の一部を助成します。

(希望する保育施設等がある区の子育て支援課で、生後3か月経過後からの保育施設等利用申込みが必要)

 申込先・問い合わせ先:こども未来局子育て支援部保育課


このページの先頭へ

 

福岡市保育施設一覧

  福岡市保育施設一覧  (331kbyte)pdf

このページの先頭へ

 

家庭的保育事業及び小規模保育事業について


(1)事業内容
 (1)家庭的保育事業 
  市が認定した保育士資格を持つ家庭的保育者が、補助者と2人以上で賃貸アパートの一室等を使い家庭的な環境の中で、1か所あたり5人の乳幼児の保育を行います。
 
 (2)小規模保育事業
 ・A型…市が認可した者が、賃貸借物件の一室等を使い、保育士が6~19人の乳幼児の保育を行います。
 ・C型…市が認定した保育資格を持つ家庭的保育者が、補助者と4人以上(定員15人を超える場合は6人以上)で賃貸アパートの一室等を使い、1か所あたり15人以下の乳幼児の保育を行います。

(2)対象児童
  生後3か月経過後から2歳まで(年度途中で3歳に達した場合は当該年度の3月末まで)

  ※保育料及び利用申込み手続きは保育所と同じです。
  ※家庭的保育事業の保育時間は施設にご確認ください。

  → 家庭的保育室及び小規模保育施設一覧  (400kbyte)pdf


このページの先頭へ

 

申請書ダウンロード


※ご利用にあたっての注意
(1) 申請書はすべてA4サイズで印刷してください。また、福岡市保育施設等利用のご案内及び平成27年度支給
  認定申請書兼保育施設等利用申込書は必ず両面印刷してください。
(2) PDF形式のファイルをご利用いただくためには、Adobe Reader等のPDF閲覧ソフトが必要です。
  Adobe Readerは無料で配布されています。ダウンロードするには次のアイコンをクリックしてください。
  adobe reader

 
 保育所入所のご案内

      ・ 平成27年度保育施設等入所のご案内(914kbyte)pdf

以下の様式は、保育施設等利用のご案内に入っています。

 提出書類チェックリスト(「保育施設等利用の申込みには下記の書類が必要です」)

  ・ 提出書類チェックリスト (223kbyte)pdf 

 
 平成27年度支給認定申請書兼保育施設等利用申込書

    ・ 平成27年度支給認定申請書兼保育施設等利用申込書  (135kbyte)pdf   ・ 記入例    (262kbyte)pdf

 保護者等の状況により必要な書類

  ・ 就労及び復職(予定)証明書 (64kbyte)pdf 
  ・ 就労申告書(55kbyte)pdf
  ・ 誓約書兼就職活動報告書  (96kbyte)pdf 
  ・ 誓約書(市内転入者用)(53kbyte)
    ・ 申立書 (55kbyte)pdf 
 

このページの先頭へ

 

問い合わせ先


保育所がある区の保健福祉センター(福祉事務所)子育て支援課こども家庭福祉係へ
名称 所在地 電話 ・ FAX
(こども家庭福祉係直通)
東区保健福祉センター
(東福祉事務所)
 子育て支援課
8128653
東区箱崎2丁目54番1号
電話 092-6451068
FAX 092-631-1511
博多区保健福祉センター
(博多福祉事務所)
 子育て支援課
8128514
博多区博多駅前2丁目1924
大博センタービル
電話 092-4191080
FAX 092-4411455
中央区保健福祉センター
(中央福祉事務所)
 子育て支援課
8108622
中央区大名2丁目5番31
電話 092-7181101
FAX 092-7714955
南区保健福祉センター
(南福祉事務所)
 子育て支援課
8158501
南区塩原3丁目25番1号
電話 092-5595123
FAX 092-559-5149
城南区保健福祉センター
(城南福祉事務所)
 子育て支援課
8140192
城南区鳥飼6丁目1番1号
電話 092-8334103
FAX 092-822-2133
早良区保健福祉センター
(早良福祉事務所)
 子育て支援課
8148501
早良区百道2丁目1番1号
電話 092-8334354
FAX 092-8315723
西区保健福祉センター
(西福祉事務所)
 子育て支援課
8198501
西区内浜1丁目4番1号
電話 092-8957065
FAX 092-8815874

このページの先頭へ

問い合わせ先

部署: こども未来局 子育て支援部 運営支援課
住所: 福岡市中央区天神1丁目8の1
電話番号: 092-711-4245
FAX番号: 092-733-5718
E-mail: uneishien.CB@city.fukuoka.lg.jp
福岡市の市章

福岡市役所地図・本市へのアクセスなど
〒810-8620 福岡市中央区天神1丁目8番1号
代表電話:092-711-4111
市役所開庁時間:午前8時45分~午後6時
各区役所の窓口受付時間:午前8時45分~午後5時15分
(土・日・祝日・年末年始を除く)
各課お問い合わせ先(直通電話番号・Eメールアドレス・業務案内

Copyright(C)Fukuoka City.All Rights Reserved.