現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の文化・スポーツ・生涯学習の中の文化の中の文化財・歴史の中の企画展示(埋蔵文化財センター)から博多遺跡群出土品重要文化財指定記念特別展「中世博多の考古学」第2期
更新日: 2017年8月9日

博多遺跡群出土品重要文化財指定記念特別展「中世博多の考古学」第2期

 博多遺跡群は博多駅の北西側,那珂川と御笠川に挟まれた砂丘上に立地する遺跡です。中世の貿易都市として栄え,膨大な量の陶磁器がもたらされました。発掘調査で出土した輸入陶磁器や生活用具などの資料2,138点が国の重要文化財として指定されることを記念して,埋蔵文化財センターで特別展を開催します。
 8月8日(火曜日)からは第2期展として,重要文化財に指定されるものの中でも逸品・名品を厳選して展示しています。この機会にぜひ,全国に認められた「福岡の宝」をご覧ください。

 

 青磁の写真 青花と赤絵の写真 

 鏡などの写真 展示風景 

主な展示品

  • 中国産陶磁器(白磁・青磁・青白磁・陶器・青花など)
  • 朝鮮産陶磁器
  • 東南アジアの陶磁器
  • 銅鏡・仏像など
 


展示場所

福岡市埋蔵文化財センター第3展示室

 


展示期間

  • 第1期:平成29年4月4日(火曜日)から平成29年7月30日(日曜日)まで
  • 第2期:平成29年8月8日(火曜日)から平成29年10月22日(日曜日)まで
  • 第3期:平成29年10月31日(火曜日)から平成30年1月21日(日曜日)まで
 


開館時間

9時から17時(入館は16時30分まで)

 


休館日

毎週月曜日・年末年始(12月28日から1月4日)

 


入場無料

 


ホームページ

http://www.city.fukuoka.lg.jp/maibun/html/