現在位置:福岡市ホームの中の創業・産業・ビジネスの中の中小企業支援・商店街振興の中の商店街振興から2019年度 商店街支援施策
更新日: 2019年7月9日

2019年度商店街支援施策について

【商店街NEXT・FOODグランプリ】


【事業概要】

 商店街の「食」をテーマに,そのテーマに即した商店街の会員店舗と商店街を効果的にPRすることにより,商店街の核店舗を創出するとともに,若い世代の来街を促進し,商店街の集客力・販売力の強化を図ります。


【支援内容】


 フリー情報誌「Nasse(ナッセ)」にて「食」に関するテーマを設定(例:麺部門,スイーツ部門など)
 市内全商店街に対し,テーマに即した会員店舗の推薦を依頼します。
 推薦された店舗の中からフリーペーパーに掲載する店舗を選考し,商店街情報とともに掲載します。
 読者アンケート等によるランキングを実施します。



【掲載料】

 無料(ただし,掲載店舗には,読者に対するサービス・割引等にご協力いただくとともに,掲載商店街にも,来街者の消費を取り込む販促活動等をお願いします。)


【掲載店舗の推薦時期】

 4月頃,市内全商店街あてにテーマに即した会員店舗の推薦を依頼します。
 ※2019年度は,夏と冬に1回ずつ実施予定です



【商店街イベント事業補助金】
(旧:商店街活力アップ支援事業)


【事業概要】

 商店街の集客力・販売力の強化や,にぎわいの創出,活性化,魅力向上を図るために新たに取り組むソフト事業に係る経費の一部を補助します。


【支援内容】

 補助金額

  30万円限度(予算の範囲内)


 補助率

  補助対象経費の2分の1以下


 補助対象経費

賞品・記念品費,旅費,イベント費(会場設営費,装飾費等),広告宣伝費(広告物等)の印刷・製作費等),事務費(印刷消耗品費,アルバイト賃金等),委託料,借損料(会場借上料),備品(机,イス等)の購入費 など


補助の対象となる事業例

  1. 集客力,販売力の強化を図る事業(売り出し,各種イベントなどの共同販売促進事業)
  2. 地域の交流,賑わいの場を提供する事業(祭りなどの各種イベント)
  3. 商店街の広報事業(冊子,マップ,ホームページ作成など)
  4. 効果的な集客方法の調査・分析事業(消費者,来街者へのアンケート調査など)
  5. その他,商店街のにぎわいの創出,活性化,魅力向上を図るための事業


募集期間

2019年4月1日(月曜日)から2019年4月26日(金曜日)まで



【商店街空き店舗開業チャレンジャー補助金】
(旧:商店街空き店舗における創業応援事業)


【事業概要】


 商店街の空き店舗への出店にかかる店舗改装経費の一部を補助することにより,空き店舗を活用した出店を促進して,商店街構成店舗の充実を図るとともに新規開業に向けたチャレンジを支援し,商店街活動を担う次世代の人材確保に繋げます。


【支援内容】

  • 補助対象者:商店街の業種を補う事業で,その商店街の空き店舗に出店する者
  • 補助対象経費:改装工事費
  • 補助率:補助対象経費の2分の1以下
  • 補助限度額:30万円限度
  • 補助の主な条件       
    • 出店しようとする商店街の推薦を受け,その商店街へ加入すること     
    • その他,営業時間等の条件あり

 ※補助対象者は,出店を希望する商店街の代表者及びその商店街が存する地域団体の代表者と本市職員を含めた協議の
  場に出席いただき,双方との関係構築を図っていただきます。




【募集期間】

2019年4月1日(月曜日)から予算の範囲内で随時受け付けます。


【商店街高度化支援事業】


【事業概要】

 商店街が経営の合理化,高度化を図るために、アーケードやカラー舗装,コミュニティ施設,共同店舗,お客様用駐車場などの施設協同施設を設置する場合に,その計画に関する助言・診断及び設置経費の一部を助成します。


 制度概要  (401kbyte)pdf


※まずはご相談ください。事業実施年度の前年度の6月末までに面談にて事前打ち合わせを行い,適用する事業に限り次年度に予算化を実施します。



【商店街NEXTチャレンジャー育成事業】


【事業概要】

 外部コーディネーターを交えた研究会(ラボ)を開催し,商店街同士の横のつながりを作りながら,参加者が調査や課題解決の方法を考えることにより,商店街で活躍できる人材,商店街の次世代を担う人材の育成を図ります。研究会の様子はこちら

  • 商店街活性化のノウハウを持つ,外部コーディネーターを中心にしたラボを開催【月1回(全9回)予定】
  • 商店街における課題解決方法等を学び,現場で活躍できる人材へスキルアップを図ります。

 事業概要 (430kbyte)pdf 


【対象者】

 新しい商店街を創造する,やる気のある若者・女性(定員30名)


【実施場所】

 福岡商工会議所ビルや,参加者の商店街などラボごとに選定予定。


【時間】

 1回あたり2時間程度を予定


【参加費用】

 1人あたり5,000円(会場までの交通費は,別途自己負担)


【コーディネーター紹介】

 木藤亮太氏写真

木藤 亮太(きとう りょうた) 氏
(株)油津応援団 専務取締役,元テナントミックスサポートマネージャー(宮崎県日南市・油津商店街),(株)ホーホゥ 代表取締役
宮崎県日南市が実施した全国公募により2013年7月から日南市油津商店街のテナントミックスサポートマネージャーに就任。2014年3月に(株)油津応援団を立ち上げ,”猫さえ歩かない”と言われた油津商店街の再生事業に取組み,約4年で25を超える新規出店,企業誘致等を実現。「2016年はばたく商店街30選(経済産業省)」を受賞。平成30年度から本事業のコーディネーターを務める。



【商店街イノベーションMonth】(新規)


【事業概要】

 商店街活性化の先進事例として紹介されている全国の商店街のキーパーソンを招き,トークセッションの場を設け,先進的なノウハウの取得や,キーパーソンとのネットワークの構築を支援することで,商店街の新たなチャレンジを創出します。


【支援内容】※予定のため,内容は変更することがあります。

  • 3週にわたって,商店街に関わる様々なテーマでトークセッションを実施します。
  • トークセッションは全3回(各回50名程度,参加費:各回 1名2,000円)
    先進事例のキーパーソン等,様々な方が登壇し,事例紹介や意見交換を行います。
    ※トークセッションは複数回参加可能です。
  • トーク終了後は,意見交換会も開催予定
    キーパーソンと直接話ができる場を設けることで,顔の見える関係を作ります。


 事業概要 (399kbyte)pdf 



【商店街活性化パートナー発掘事業】


【事業概要】


 アイデアや人材,資金などが不足し,単独での活動に限界を感じている商店街が,民間企業,NPO法人,学生などの外部から,活性化に向けた新たな「事業アイデア」や,活性化に共に取り組む「パートナー」を発掘する事業を「福岡地域戦略推進協議会(FDC)」と連携して実施します。また,掘り起こした事業アイデアの試行実施も行うことで,持続可能なビジネスモデルへと発展させてパートナーとのビジネスマッチングを実施します。


 制度概要 (429kbyte)pdf


【募集時期・募集方法】

 4月頃に事前意向調査を実施し,商店街ヒアリング実施後,2商店街を決定予定。



【商店街と地域との連携による魅力向上事業】


【事業概要】


 商店街は地域住民の買い物の場としての役割だけでなく,地域コミュニティの担い手としての役割も果たしています。しかし,地域と,商店街が持っている資源や課題解決に向けた役割などをお互いに知る機会が少ないのが現状です。両者の対話を通して互いの実情や魅力を知ることで理解を深め,双方の地域課題解決に向けた連携を促進するものです。

※地域団体との意見交換会を希望される商店街は,地域産業支援課に随時ご相談ください。


 制度概要 (394kbyte)pdf 



【商店街社会課題解決型補助金】
(旧:地域との共生を目指す元気商店街応援事業)


【事業概要】

 商店街が行う少子化・高齢化等の社会課題に対応した集客力向上及び売上増加の効果のある事業に対して,その対象経費の一部を補助します。


【支援内容】


 補助対象事業 次のいずれか若しくは複数の課題解決を図る事業。
 (1)少子化・高齢化 (2)障がい者支援 (3)生活の安全及び安心 (4)地域資源活用・農商工連携
 (5)環境問題 (6)買い物困難者支援 (7)その他,市長が特に重要と認める課題



 補助金額

  200万円限度(予算の範囲内)


 補助率

  補助対象経費の3分の2以下


※補助回数は1補助団体あたり1事業に対し原則1回。


※事業企画段階からご相談ください。



【募集期間】

2019年4月1日(月曜日)から2019年4月26日(金曜日)まで



【商店街インバウンド対策支援事業補助金】


【事業概要】

 外国人観光客の急増という経営環境の変化や,そのニーズに対応し,インバウンド消費の商店街への波及を図ることを目的として,商店街における受入環境整備のためのハード事業や,関連して実施するソフト事業に対し,初期経費の一部を補助します。


【支援内容】

 補助対象事業

  1. (1)外国人観光客の消費取込みへの効果が期待できるハード整備事業
      (Wi-Fi整備,多言語案内板(デジタルサイネージ),キャッシュレス導入,免税一括カウンター設置 等)
  2. (2)効果を高めるため(1)と併せて実施する広報・販売促進事業等のソフト事業
      (多言語ホームページ・マップ作成,外国人観光客の誘客を促進する事業 等)

※(2)のソフト事業のみでの活用は不可。その場合は,「商店街イベント事業補助金」の活用を検討願います。


 補助金額

  400万円限度(予算の範囲内)


 補助率

  補助対象経費の2分の1以下(国・県との連携支援の場合は,補助率を減率)




【募集期間】

2019年4月1日(月曜日)から2019年4月26日(金曜日)まで



【モデル商店街におけるチャレンジ事業】(新規)


【事業概要】

 商店街の社会課題解決に関するアイデアのうち,実現可能性の高い取り組みを,対象商店街をモデルとして,実際に実証実験し,市がその効果を測定します。
 効果検証を行ったデータは,オープンデータとして公開し,市内の他の商店街の参考としていただくことで,商店街の新たな取り組みを創出します。


 事業概要 (364kbyte)pdf 



【福岡市商店街プレミアム付商品券事業】(新規)


【事業概要】

 2019年10月に予定されている消費税率の引き上げによる影響が懸念される商店街において,商店街地域毎の消費喚起を図るため,商店街等が発行するプレミアム付商品券の発行支援を行います。


【支援内容】

  1. プレミアムの一部助成:販売済総額の100分の5
  2. 発行に係る事務経費:補助率10分の10(上限50万円)

 対象

  販売総額が100万円以上500万円未満の商店街等


 制度概要  (371kbyte)pdf