トップページ > 江戸時代のエコを学ぼう!
江戸時代のエコを学ぼう!



 日本人[にほんじん]主食[しゅしょく]である[こめ]脱穀[だっこく]した[あと][のこ]るわら([いね][くき][]部分[ぶぶん])も徹底的[てっていてき]利用[りよう]して、 最後[さいご][のこ]った[はい][すべ]大地[だいち][もど]して[ふたた]植物[しょくぶつ]として再生[さいせい]し、[まった]くムダがありませんでした。

 わらは、[こめ]100キロ[]たり83キロ前後[ぜんご]割合[わりあい]でとれ、その20%ぐらいで日用品[にちようひん][つく]り、50%を堆肥[たいひ]厩肥[きゅうひ]家畜[かちく]糞尿[ふんにょう][]きわら・[くさ]などを[]ぜて[くさ]らせた有機質肥料[ゆうきしつひりょう])などの肥料[ひりょう]とし、[のこ]りの30%を燃料[ねんりょう]やその[ほか]用途[ようと]活用[かつよう]していました。また、[]やした[あと][はい]肥料[ひりょう]として利用[りよう]していました。わらは[]てる部分[ぶぶん]がなく100%利用[りよう]できます。

ページ上へ