現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の環境・ごみ・リサイクルの中の福岡市の環境の中の環境保全・自然環境の中の大気、騒音・振動(PM2.5、アスベストなど)の中のPM2.5・黄砂についてから黄砂・PM2.5講演会2014の開催について
更新日: 2017年2月2日
 

PM2.5・黄砂講演会
~研究者が語る越境大気汚染の現況と健康への影響~
を開催しました

 福岡市に国や大学の専門家を招き,PM2.5や黄砂に関する最近の状況や健康影響などの最新の知見に関する講演会を開催しました。


【日時】

平成26年10月18日 土曜日 午前10時~午前11時45分


【場所】

福岡市役所 15階 講堂 (福岡市中央区天神1-8-1)


【参加者数】

166名


【内容】

  • 講演1 「大気中のPM2.5の現状について」
    菅田 誠治(すがた せいじ,独立行政法人国立環境研究所地域環境研究センター 主任研究員)
  • 講演2  「PM2.5・黄砂の健康影響について」
    金谷 久美子(かなたにくみこ,京都大学大学院医学研究科,医師)
  • 講演3 「最近の国の動向について」
    小林 登茂子(こばやしともこ,環境省水・大気環境局大気環境課 課長補佐)
  • 講演4 「福岡市の取組について」
    田中 衛(たなかまもる,福岡市保健環境研究所環境科学課長)

【講演会の様子】

 
講演会の様子の画像1  講演会の様子の画像2
 

講演会の様子の画像3  講演会の様子の画像4
 

講演会の様子の画像5  講演会の様子の画像6


※福岡市では