現在位置:福岡市ホームの中のよくある質問QAの中の都市景観・公園・緑化から景観法に基づく届出(景観計画区域における大規模建築物等新築等及び都市景観形成地区内建築行為等)について知りたい。
更新日: 2016年9月30日

福岡市よくある質問Q&A

質問

景観法に基づく届出(景観計画区域における大規模建築物等新築等及び都市景観形成地区内建築行為等)について知りたい

回答

福岡市では美しいまちなみの形成を目指し,平成243月に景観法に基づく「福岡市景観計画」を策定するとともに,福岡市都市景観条例を一部改正し,景観法に基づく届出対象行為等に関する規定を定めています。「福岡市景観計画」では市全域を景観計画区域と指定し,地域特性に応じた6つのゾーンに区分するとともに,ゾーン毎に景観形成方針・基準を定めています。また,景観計画区域のうち,市を代表する地区や個性ある地区等,特に良好な景観の形成を図るべき地区を「都市景観形成地区」とし,より詳細な景観形成方針・基準を設け,地区の個性を活かした景観の保全・創出に向け,平成288月現在では7地区を指定しています。景観計画区域における大規模建築物等新築等及び都市景観形成地区内建築行為等の届出対象行為は下記のとおりです。

(1)景観計画区域内における大規模建築物等新築等
都市景観の形成に大きな影響を与える大規模な建築物又は工作物の新築,増築,改築若しくは移転,外観を変更する修繕又は模様替え,外観の色彩の変更を届出対象行為とします。届出対象となる規模,基準等の詳細については,下記関連リンク先「大規模建築物等新築等の届出」をご参照ください。

(2)都市景観形成地区内建築行為等
建築物又は工作物の新築,増築,改築若しくは移転,外観を変更する修繕又は模様替え,外観の色彩の変更及び木竹の伐採を届出対象行為とします。前に示す行為の全ての規模を届出対象とします。基準等の詳細については,下記関連リンク先「都市景観形成地区内建築行為等の届出」をご参照ください。

※上記行為のうち,通常の管理行為,軽易な行為その他の行為は届出の適用除外とします。(福岡市都市景観条例施行規則第7条)
ご不明な点がある場合は,都市景観室までお問い合わせください。



関連リンク

お問い合わせ先

住宅都市局 地域まちづくり推進部 都市景観室
福岡市中央区天神1丁目8の1
電話番号: 092-711-4395
FAX番号: 092-733-5590
toshikeikan.HUPB@city.fukuoka.lg.jp