現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の都市景観・公園・緑化の中の都市景観から第3回まちなみ写真コンテスト キッズ部門 優秀作品
更新日: 2015年8月24日
福岡市都市景観室トップページへ

第3回まちなみ写真コンテスト キッズ部門 優秀作品

福岡タワーの下

 

中川路 遥南 (福岡市中央区)

福岡タワーの月の画像
 

鮮やかなピンクの空を背景に、ぼんやりと月を反射しながら、内部の構造体をも透かして見せるガラスの壁面。その表面をシャープに分割する直線。抽象性に富んだ明快な構図と複雑な光のコントラストが面白い。

 

(選考委員:池田 美奈子)

撮影者コメント:「福岡タワーを見ていたら、ガラスが鏡のようで月を見つけました。この後すぐにライトアップされて、月も良く見えなくなりました。その間にとりました。」

 

撮影場所:福岡タワー下
撮影時期:平成23年10月

このページの先頭へ

 
 

PM04:52S

 

S.N

PM04:52の画像
 

万葉の頃、この辺では塩づくりをしていたといわれるその名残の塩屋橋からの1ショット。画面は秋の空気感がいっぱい。ならば作品名を2011・10・PM4:52「塩屋橋」とすると写真の記録性が高まると思う。

 

(選考委員:藤本 健八)

 

撮影者コメント:「近くの川に写真をとりに行き帰る時にとった1枚。きれいな青空だけどどこか夕方のふいんきがある作品だと思います。」 

 

撮影場所:塩屋橋
撮影時期:平成23年10月

このページの先頭へ

 

真っ赤な夕焼け

 

吉井 巧 (福岡市城南区)


 
真っ赤な夕焼けの画像

夕日が沈む風景はいつ見ても美しいものです。ただ、見た時の美しさや感動は写真に撮ると意外に写ってない事がありガッカリします。夕日をとらえたこの作品はやや画質が不鮮明ですが、ビルのシルエットを入れる事により太陽の大きさが強調されシンプルできれいな作品となりました。写真上達の第一歩、「感動したら、シャッターを切る」これからもこれを続けて下さい。

 

(選考委員:井上 一)

 

撮影者コメント:「真っ赤な夕焼と時期ごとに変わる風景に感動しました。今のマンションに引っこしてきてまだ3年だけど、引っこしてきてからずっとこの景観を見ていたらほかの人にもこの景観を見てもらいたいなあと思い、この作品を応募しました。」

 

撮影場所:自宅のリビングから
撮影時期:平成23年9月

このページの先頭へ

 
 

アート&福岡タワー

 

岡 菜都子 (福岡市南区)

アート&福岡タワーの画像
 

子どもならではのアングルに驚いた。RKB前の清水九兵衛氏の彫刻を下からのぞき込み、福岡タワーを重ねた。この1枚を見ただけで、今回、子どもの部門を設けて良かったとうれしくなった。これからも自分だけの発見を大切にしてほしい。

 

(選考委員:佐藤 優)

 

撮影者コメント:「アートを下から見て、ふくおかタワーとアートがいっしょにうつっていたので、感動して、おうぼしました。その日は、とても晴れていて、暑かったです。」

 

撮影場所:百道浜
撮影時期:平成23年10月

このページの先頭へ

 

受賞作品紹介へ

福岡市都市景観賞 目次へ