本文へジャンプ
守ろう・つなごう・育てよう 福岡市の花・みどり
福岡市
文字サイズ
拡大標準縮小
  • 花・みどりがあふれるまちにしたい
  • 公園・緑地・霊園を利用したい
  • みどりを守るルール
  • みどりを知りたい
現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の都市景観・公園・緑化の中の福岡市の花・みどりの中の花とみどりがあふれるまちにしたいから保存樹
ここから本文

保存樹

保存樹って、なあに?


市街地や鎮守の森など、私たちの身近にある樹木は、歴史を見守ってきた遺産であるとともに、まちにうるおいを与えてくれる貴重な財産です。
福岡市ではこれらの大切なみどりを後世に残すために、ある一定の基準をみたした大樹を、福岡市の保存樹として指定しています。保存樹の指定を受けると、管理費用の一部を市が負担したり、市の負担で専門家の診断や治療を受けることができるようになります。現在、市内にはおよそ1,900本の大樹が保存樹の指定を受けています。

指定基準(地上1.5メートルにおける幹回りが1.5メートル以上、または、高さが15メートル以上)

保存樹の指定


以下の指定条件のいずれかに該当し、かつ樹形が良好で健全な樹木であれば保存樹としての基準を満たすことになります。指定には、職員等による樹木の状態の確認および書類による手続きが必要です。


保存樹の指定基準

  1. 地上1.5メートルにおける幹周りが1.5メートル以上である。
  2. 高さが15メートル以上である。
  3. 株立ちした樹木で、高さが3メートル以上である。(ソテツ等が該当)
  4. はん登性の樹木で、枝葉の面積が30平方メートル以上である。(フジ等が該当)

 ページの先頭へ戻る

保存樹はこうして守られています

指定基準を満たし、保存樹として指定を受けた場合は、下記の適用を受けることができます。

1 保存樹剪定費用の一部補助

保存樹のうち、地上1.5メートルにおける幹周りが2.0メートル以上のもので剪定をされる方については、剪定前に市に申請していただければ、確認の上、保存樹1本につき30万円を上限として剪定費の2分の1を市が負担いたします。
(※前回の交付後、5年以上経過している必要があります。)

・下記より補助金交付要綱をダウンロードできます。
福岡市保存樹保護育成事業補助金交付要綱(PDF:278KB)

2 保存樹診断

樹木の健康状態が悪い場合は、樹木の専門家である「樹木医」による診断が受けられます。なお、診断費は市が全額負担いたします。

3 保存樹治療費用の一部補助

上記診断の後、保存樹の治療を要望される方については、治療前に市に申請していただければ、保存樹1本につき30万円を上限として治療費の2分の1を市が負担いたします(樹木の健康状態が悪く、引き続き保存樹としての指定が適当と認められない場合、補助の対象とならない場合もあります)。

・下記より補助金交付要綱をダウンロードできます。
福岡市保存樹保護育成事業補助金交付要綱(PDF:278KB)

4 賠償責任保険への加入

福岡市が一括で保険へ加入しております。
万一事故が発生した場合は、保険の適用が可能かどうか審査する必要がありますので、至急ご連絡ください。
(被害状況の写真を撮っておいてください)

 ページの先頭へ戻る

保存樹の所有者様へお知らせ



1 保存樹の維持管理は所有者が行います。

保存樹自体は所有者の持ち物でありますので、責任を持って維持管理を行っていただく必要があります。

2 樹木剪定は自由に行えます。

樹木剪定も樹木を管理していく上では必要な作業であり、通常の維持管理上の剪定(強剪定は除く)については、特にご連絡いただく必要はありません。

3 やむを得ぬ事情により保存樹を伐採する際には、事前に指定解除の申請が必要となります。

枯損、危険防止その他の理由により保存樹を伐採する際には、事前にご連絡ください。指定解除がやむを得ないと判断される場合には指定解除申請書を送付いたします。

4 所有者(所有団体の代表者)が変更した際には、所有者の変更届が必要となります。

所有者が変更した時点で遅滞なくご連絡ください。所有者変更届を送付いたします。

5 賠償責任保険の適用について

風災等による保存樹の倒壊または幹・枝折れ等により、所有者(管理者・親族含む)及び福岡市(市関係者)以外の人または物に損害を与えたことで、保存樹を適正に管理すべき所有者が法律上の賠償責任を負う場合に、保険が支払われます。
しかし、枯れや腐朽があることが分かっていたにも関わらず放置していたと判断される場合には、保険は支払われません。
保険が支払われない場合は、被害者と所有者とでの話し合いとなり、被害者が納得しない場合は、裁判となる可能性もあります。
また、保険が支払われたとしても、保険は損害部分についてのみしか支払われませんので、被害者がその額で納得しない場合は、所有者が不足額を追加して示談するか、裁判で決着するかのいずれかであり、被害者のみならず、所有者にも大きな負担となります。
所有者の皆様には、今一度、ご所有の保存樹について倒壊や枝折れの危険がないか、ご確認いただきますようお願いいたします。

 ページの先頭へ戻る



問い合わせ先

住宅都市局 みどりのまち推進部 みどり推進課
〒810-8620 福岡市中央区天神1丁目8番1号
TEL:092-711-4424  FAX:092-733-5590
E-mail:
midorisuishin.HUPB@city.fukuoka.lg.jp


 
 
守ろう・つなごう・育てよう 福岡市の花・みどり
花・みどりがあふれるまちにしたいみどりを守るルール公園・緑地・霊園を利用したいみどりを知りたい