現在位置:福岡市ホームの中のよくある質問QAの中の住宅・建築から津波災害警戒区域に指定されているかどうかを知りたい。(都市計画法第33条第1項第7号)
更新日: 2018年8月8日

福岡市よくある質問Q&A

質問

津波災害警戒区域に指定されているかどうかを知りたい。都市計画法第33条第1項第7

回答

 福岡市内には「津波災害警戒区域」の指定を受けている箇所があります。詳細については福岡県港湾課のリンク先:「福岡県津波災害警戒区域の指定について」をご覧ください。区域図をダウンロードすることができます。
 また、これとは別に「津波浸水想定」という区域も設定されており、「津波災害警戒区域」はこれに基づいて作成されています。詳細については同課のリンク先:「福岡県津波浸水想定の設定について」をご覧ください。
 告示図書の縦覧やお問合せなどは、福岡県港湾課又は本市市民局防災・危機管理部防災・危機管理課までお願いします。
 なお、開発許可制度に関しては、「津波災害警戒区域」内であっても、規制はかかりません。

<<参考-指定の告示日>>
平成30年7月31日福岡県告示第686号:福岡市全域(東区、博多区、中央区、早良区及び西区の各一部)

【くわしい解説(関係者向け)
 開発許可制度との関係で言いますと、都市計画法第33条第1項第7号又は第8号の適用を受けない津波防災地域づくり法(※1)に基づく津波災害警戒区域において開発行為の許可の申請があった場合には、当該区域における災害の危険性について注意喚起を行うなど、申請者のみなさまが当該区域の状況を正確に理解した上で開発行為を行うか否かを判断できるように、福岡市から適切に情報提供を行うこととしています。
 なお、福岡市では該当しませんが、都市計画法第33条第1項第7号では、開発区域内の土地の全部又は一部が津波防災地域づくり法第72条第1項の津波災害特別警戒区域内(こちらは「特別」があることに注意!)の土地であるときは、当該土地における同法第73条第1項に規定する特定開発行為(同条第4項各号に掲げる行為を除く。)に関する工事の計画が、同法第75条に規定する措置を同条の国土交通省令で定める技術的基準に従い講じるものであることと定められています。

※1 「津波防災地域づくり法」:津波防災地域づくりに関する法律

【津波災害警戒区域のお問合せ先(福岡県)
部署:福岡県県土整備部港湾課海岸係
住所:〒812-8577福岡県福岡市博多区東公園7番7号(県庁舎6階)
電話番号:092-643-3676
FAX番号:092-643-3688
電子メール:kowan@pref.fukuoka.lg.jp
WEB(港湾課):http://www.pref.fukuoka.lg.jp/soshiki/4800805/
WEB(区域図):http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/tsunamisaigaikeikaikuiki.html

【津波災害警戒区域のお問合せ先(福岡市)
部署:市民局防災・危機管理部防災・危機管理課
住所:〒810-8620福岡市中央区天神一丁目8番1号(市庁舎7階)
電話番号:092-711-4056
FAX番号:092-733-5861
電子メール:bousai.CAB@city.fukuoka.lg.jp
WEB(防災・危機管理情報トップ):http://www.city.fukuoka.lg.jp/bousai/index.html#07
WEB(津波ハザードマップ):http://www.city.fukuoka.lg.jp/shimin/bousai/doshasaigaihazardmap.html

【開発許可制度等のお問合せ先(福岡市)
部署:住宅都市局建築指導部開発・建築調整課
住所:〒810-8620福岡市中央区天神一丁目8番1号(市庁舎4階)
電話番号(1):092-711-4587(東区、博多区、中央区及び南区の担当:開発指導第1係)
電話番号(2):092-711-4588(城南区、早良区及び西区の担当:開発指導第2係)
FAX番号:092-733-5584
電子メール:kaihatsu-kenchiku.HUPB@city.fukuoka.lg.jp
WEB:開発許可申請等の手引き【開発指導ホームページ】
受付時間:月曜~金曜(休庁日除く)午前9時15分~午前12時(午後は予約により対応できる場合があります)