「平成28年熊本地震」に伴うお知らせ

【新着情報】
------------
(1)熊本地震への義援金募集期間を、2018年3月31日まで延長します

 福岡市では、2016年4月14日に発生した熊本地震の被災者支援のため、4月15日より義援金の受付を開始しました。皆さまのご協力に心から感謝申し上げます。
 義援金については、募集期間を2017年3月31日までの予定としておりましたが、市民の皆さま方からの義援金がまだ継続していることや、被災地では生活再建へ向けた息の長い取り組みが必要であることから、募集期間を2018年3月31日(土)まで延長することといたします。
 被災者の生活支援のために,引き続き募金活動等へのご協力をよろしくお願いいたします。

(1)募集期間:
平成28年4月15日(金)〜平成30年3月31日(土)<設置開始時刻:4月15日(金)午前10時30分>

市役所本庁舎…平日・土日・祝日 午前9時〜午後6時まで
各区役所及び出張所…平日 午前9時〜午後5時30分まで

(2)設置場所:
市役所本庁舎本庁、各区役所及び出張所(11箇所)
※市役所本庁舎設置場所:行政棟北側玄関及び議会棟玄関 計2箇所(土日・祝日は、本庁1階証明サービスコーナーに1箇所設置)

------------
(2)市民のみなさまからの救援物資を全て被災地へお届けしました!!

 旧青果市場で保管していた熊本地震の救援物資につきましては、NPO及びボランティア等のみなさまが多くの物資を被災地へお届けいただき、被災地の状況に応じたきめ細やかな支援を行うことができました。市民のみなさまをはじめ企業、NPO等のみなさまから多大なご支援・ご協力をいただき、誠にありがとうございました。

1.救援物資の概要
(1)総受入数 約36,500箱(段ボール箱)
内訳…旧大名小 約27,000箱、旧青果市場 約9,500箱
(2)総搬出数 約36,500箱
内訳…福岡市による搬出 約17,800箱(2016年4月18日〜2016年7月25日)、NPOボランティア等による搬出 約18,700箱(2016年4月22日から2016年7月17日 89団体、のべ174回)
(3)物資の種類
水、おむつ、生理用品、トイレットペーパー、タオル、毛布、栄養補助食品、ウェットティッシュなど


【1】熊本地震に伴う住宅確保に関するお知らせ

(1)福岡市営住宅(入居者を追加募集します)
福岡市では,市営住宅への入居申し込みの受け付けをいったん見合わせておりましたが,前回募集していた住戸に空きがありますので,下記のとおり5月13日(金)から入居者を追加募集いたします。

[入居対象者]地震によって,住宅が全壊または半壊等の損害を受け,現に居住が困難となった方

[必要な確認書類等]罹災証明書(後日の提出で可),住所がわかる運転免許証など
※上記にかかわらず,当面は被災状況が分かる写真での確認など,状況に応じて対応いたしますので,ご相談ください。      

[入居期間]6カ月間を基本としますが,必要に応じて最大1年間まで延長可能です。

[家賃]無料(敷金不要,連帯保証人不要)
※入居者が利用する電気,ガス,水道や共益費などは自己負担となります。

[提供戸数]15戸程度

[その他]
・受付は随時行い,先着順で住戸を斡旋いたします。
・斡旋する住戸は,原則エレベーターの設置されていない住戸となります。

【お問い合わせ・申し込み窓口】
福岡市住宅部住宅管理課(福岡市博多区店屋町4-1 福岡市営住宅センター2階)
《受付開始日》平成28年5月13日(金)
《受付時間》午前9時〜午後6時(土・日曜,祝日を除く)
《電話番号》092-271-2553(専用)
※受け付けは電話のみで行います。

(2)民間賃貸住宅借り上げ提供
福岡県では、平成28年熊本地震により被災された熊本県からの避難者に対し、民間賃貸住宅を借り上げ、応急仮設住宅として提供しています。
 くわしくは福岡県ホームページ(「平成28年熊本地震で避難している皆様へ」平成28年熊本地震で被災された方へ民間賃貸住宅を借り上げて提供しています。)をご参照ください。

【お問い合わせ先】
福岡県被災者住宅支援窓口(福岡県庁住宅計画課) 
電話092-643-3870
ファックス092-643-3737
〒812-8577 福岡市博多区東公園7-7  (福岡県庁7階)  

(3)県営住宅,UR賃貸住宅等
県営住宅や,UR都市機構,福岡県宅地建物取引業協会において,被災者を対象とした住宅の支援が行われております。

<県営住宅>
福岡県では、平成28年熊本地震によって住宅を失った被災者の方を対象に,「被災者住宅支援窓口(相談窓口)」を設置しています。

[受付場所]福岡県庁建築都市部県営住宅課(福岡市博多区東公園7-7 福岡県庁7階南棟)電話番号092-643-3870

<UR都市機構>
[提供する住宅]主に福岡県内に立地するUR賃貸住宅
[対象者]地震により住宅が全壊・半壊などの損害を受け,住むことが困難となった方
[家賃等]家賃,共益費,敷金及び駐車場料金は無料(連帯保証人不要)
[入居期間]原則6カ月
[受付場所]UR福岡営業センター TEL: 0120-555-795 / 092-722-1101
営業時間 (4月30日まで) 午前9時30分〜午後6時30分
(5月1日以降)午前9時30分〜午後6時

<福岡県宅地建物取引業協会>
福岡県宅地建物取引業協会の不動産情報ネット「ふれんず」で,熊本地震被災者への支援住宅として,「敷金・礼金・仲介手数料」が無料で「即入居可能」な物件の情報を提供

【お問い合わせ(市営住宅以外の住宅の紹介など)】
福岡市住宅都市局住宅計画課
TEL:092-711-4548


【2】熊本地震被災者への福岡市税にかかる支援措置

福岡市では,熊本地震の被災者にかかる福岡市の市税につきまして,申告・納付等の期限の延長,納税の猶予,減免措置等を行います。

(1)申告・納付等の期限の延長
福岡市税にかかる申告,申請,請求その他の書類の提出(審査請求に関するものを除く)期限,及び市税の納付・納入に関する期限を延長します。
[対象となる方]
・熊本県内にお住まいの個人
・熊本県内に主たる事務所又は事業所を有する法人

[延長する期限]
平成28年4月14日以降に到来する,福岡市税にかかる申告,申請,請求その他の書類の提出(審査請求に関するものを除く)期限,及び市税の納付・納入に関する期限

※申請・納付等の期限をいつまで延長するかについては,今後,被災者の状況等に十分配慮して,後日改めて定めます。

[対象となる税目]
・個人市民税(県民税を含む)
・法人市民税
・固定資産税・都市計画税
・軽自動車税
・事業所税 等

(2)納税の猶予・減免
熊本地震により被害に遭い,市税を納付・納入することが困難な納税者について,地方税法及び福岡市市税条例に基づき,必要に応じて納税の猶予(徴収猶予及び換価の猶予)又は減免措置を適用します。

(3)税証明手数料の減免
福岡市手数料条例に基づき,災害を受けられた方が証明書を請求される場合,証明書の使用目的等によっては手数料が減免される場合があります。 

【お問い合わせ先】
<各区課税課>
・東区 電話:092-645-1026
・博多区 電話:092-419-1022
・中央区 電話:092-718-1049
・南区 電話:092-559-5031
・城南区 電話:092-833-4024
・早良区 電話:092-833-4318
・西区 電話:092-895-7013

[受付時間]平日の午前8時45分から午後5時15分

【3】「熊本地震」支援全般に関するお問い合わせ電話番号について
 
7月1日(金)から「熊本地震」における被災地・被災者支援全般のお問い合わせ電話番号を,下記の通り変更いたします。

<電話>
092-711-4056
(市民局防災・危機管理課)

<実施内容>
・実施開始日 平成28年7月1日(金)から
・開設日 月曜日から金曜日まで(祝日を除く)
・開設時間 午前9時〜午後5時

[問い合わせ項目]
(1)義援金
(2)災害ボランティア
(3)避難者相談(住宅に関すること、家具・寝具等に関すること、健康・医療に関すること、引っ越し、住民票に関すること、仕事に関すること、税に関すること、子ども・学校に関すること、高齢者に関すること、障がい者に関すること)
(4)救援物資
(5)その他「熊本地震」支援に関すること


【4】 熊本地震被災地域の児童の一時預かり事業の利用について
 福岡市では、平成28年熊本地震で被災され、福岡市に避難されているお子さんを対象に、一時預かり事業を実施いたします。

・地震によって、福岡市に避難されている生後6か月から小学校就学前の児童が対象です。 (病児・病後児は除きます。)

・住民票の異動は必要ありません。

・利用施設は、空き状況を踏まえ、こども未来局で調整を行います。

・今回は、市立保育所でも臨時的に一時預かりを行います。

・実施期間は、平成28年4月22日(金)から10月31日(月)までです。

・利用料は減免します。

【お問い合わせ】
福岡市こども未来局 事業企画課
電話:092-711-4114


【5】熊本地震被災地域の児童の保育施設等の受け入れについて

 福岡市では、熊本県等で発生している地震で被災され、福岡市に避難されているお子さんを対象に、保育施設等で受け入れます。

・熊本地震によって、福岡市に転居してきた児童および避難先として市内に滞在する児童(いずれも生後3か月から小学校就学前の児童)が対象です。

・対象施設は、市立幼稚園、私立幼稚園、市立保育所、私立保育所、認定こども園、家庭的保育事業所、小規模保育事業所、事業所内保育事業所です。

・受付開始は、平成28年4月22日(金)からです。

・利用期間は、原則、入所してから6か月です。

・その期間は、保育料を減免します。

<保育所、認定こども園(保育機能部分)、家庭的保育事業所、小規模保育事業所、事業所内保育事業所については、空き状況を踏まえ、各区役所保健福祉センター子育て支援課で調整を行います>

【お問い合わせ】
<保育施設等について>
各区保健福祉センター子育て支援課
・東区 電話:092-645-1068
・博多区 電話:092-419-1080
・中央区 電話:092-718-1101
・南区 電話:092-559-5123
・城南区 電話:092-833-4103
・早良区 電話:092-833-4354
・西区 電話:092-895-7065

<市立幼稚園について>
福岡市教育委員会教育支援課
電話:092-711-4871

<私立幼稚園について>
福岡市こども未来局 運営支援課  電話:092-711-4245


【6】熊本地震被災地域の児童生徒の受け入れについて
 福岡市教育委員会では、今回の熊本地震で被災された地域の子どもさんの就学機会を確保するため、福岡市立小・中学校への円滑な受入をしております。

・住民票を異動することかできない場合でも、就学可能です。

・教科書は就学した学校で無償配付します。

・就学援助制度の相談も受け付けております。

その他詳細につきましては、担当までお問い合わせください。

※合わせて,留守家庭子ども会での受け入れも行っております。

担当:教育委員会教育支援課学事係(電話番号:
092-711-4693)
受付時間:平日 午前9時〜午後6時

留守家庭子ども会担当:こども未来局こども部放課後子ども育成課担当(電話番号:092-711-4662
受付時間:平日 午前9時〜午後6時

【7】熊本地震に伴う乳幼児健康診査等の母子保健サービスの取り扱いについて
 福岡市では、熊本地震に被災し、災害救助法の適用を受けた地域から福岡市に避難されてきた妊婦や乳幼児を対象に、乳幼児健康診査等の母子保健サービスについて、福岡市の住民の方と同様のサービスを提供いたします。

【8】予防接種について
 福岡市内に避難されている被災者に対する予防接種(小児及び高齢者の定期予防接種)について、被災者が予防接種機会を失うことがないよう福岡市の公費負担により実施いたします。

(1)対象者
 予防接種法に基づく定期の予防接種の対象者で、熊本地震のために届住地である市町村(災害救助法適用地域)において予防接種を受けることが困難な本市への避難者

<小児の予防接種>(無料)
・四種混合、三種混合、二種混合、不活化ポリオ、麻しん・風しん、日本脳炎、BCG、ヒブ、小児用肺炎球菌、水痘
※子宮頸がん予防ワクチンは本市では接種勧奨を差し控えています。 

<高齢者の予防接種>
(接種者一部負担金:4,200円)
・肺炎球菌

(2)接種場所
 福岡市が指定する実施医療機関(詳細は福岡市ホームページで確認できます) 

(3)実施期間
 平成28年4月15日以降の定期予防接種分から当分の間(※原則、月曜日から金曜日となります。医療機関により異なります)

(4)接種の仕方
1.実施医療機関に事前に電話連絡の上、希望する予防接種を伝え、接種日を予約する。
2.予約日に実施医療機関にて、氏名、生年月日、住所(滞在中の住所と被災地住所)等を申し出、問診を受け、接種を受ける。
※可能な範囲で母子手帳・健康保険証等を持参する。
3.接種費用は、小児は無料、高齢者の肺炎球菌予防接種は4,200円の負担とする。

【お問い合わせ】
保健福祉局健康医療部保健予防課

(電話番号:092-711-4270
受付時間:平日 午前9時〜午後6時


【9】義援金について

 平成28年4月14日に発生しました熊本地震により、甚大な被害を受けられました皆さまに対しまして、心よりお見舞い申し上げます。 
 福岡市では、熊本地震により被害を受けられました皆さまへの支援として、義援金の募集を4月15日より行い、募集期間を9月30日までの予定としておりましたが、市民の皆様方からの義援金がまだ継続していることや、被災地では生活再建へ向けた息の長い取り組みが必要であることから、募集期間を平成30年3月31日(土)まで延長することといたします。

(1)募集期間:
平成28年4月15日(金)〜平成30年3月31日(土)<設置開始時刻:4月15日(金)午前10時30分>

市役所本庁舎…平日・土日・祝日 午前9時〜午後6時まで
各区役所及び出張所…平日 午前9時〜午後5時30分まで

(2)設置場所:
市役所本庁舎本庁、各区役所及び出張所(11箇所)
※市役所本庁舎設置場所:行政棟北側玄関及び議会棟玄関 計2箇所(土日・祝日は、本庁1階証明サービスコーナーに1箇所設置)

スマートフォンをお使いの方は下記リンクから地図をご覧いただけます。
>> 福岡市Webまっぷ

(3)贈呈先:熊本県(予定)

◆熊本地震への義援金の口座振り込みによる受付を行っております


(1)口座開設金融機関

・福岡銀行 本店営業部 普通預金 6558248
・西日本シティ銀行 天神支店 普通預金 3087408

(2)口座名

両銀行とも
熊本地震福岡市義援金

(3)振込手数料

・福岡銀行の場合
福岡銀行、熊本銀行、親和銀行の窓口からの振込手数料は無料

・西日本シティ銀行の場合
西日本シティ銀行の本支店窓口からの振込手数料は無料

※各窓口で「義援金であるので、振込手数料は免除で」とお申し出ください。
※上記以外の銀行からの振込手数料、およびATM振込、インターネットバンキング振込等で振込を行った場合、振込手数料が免除となりませんのでご注意ください。


◆義援金は寄附金控除の対象となります。

 福岡市に寄せられた義援金については,税制上の優遇措置の適用を受けられるようになりました。

(1)優遇措置の内容
個人の方:市県民税,所得税の寄附金控除の対象となります。

法人の方:法人税の全額損金算入となります。

(2)義援金の税制上の優遇措置を受けるためには
 <窓口に持参する場合>
以下の窓口に義援金をご持参ください。その場で「預り証」を発行いたします。その後,確定申告を行っていただくことで,税制上の優遇措置を受けることができます。

ア)市民局防災・危機管理課(市役所本庁舎7階)
イ)各区役所(7区役所),入部出張所,西部出張所の義援金受付窓口

[発行期間]平成29年3月31日(金)まで
[受付時間]
市民局防災・危機管理課:平日・土日・祝日の午前9時から午後6時まで
各区役所・出張所:平日の午前9時から午後5時30分まで

 <口座振込の場合>
銀行の窓口で振り込んだ際の払込書を確定申告の際にご提出いただくことで優遇措置を受けることができます。

(3)留意事項
 4月28日以前に発行した「預り証」については,そのままでは税制上の優遇措置の適用が受けられませんが,発行した窓口にお持ちいただき,新たな「預り証」に交換することで,優遇措置を受けることができます。 
【問い合わせ】
市民局
防災・危機管理課
(電話番号:092-711-4056


福岡市パソコン版ホームページの「平成28年熊本地震に伴うお知らせ」はこちら

福岡市携帯版ホームページへ