現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の福祉・障がい者の中の障がいのある方の中の生活用具等から日常生活用具の給付種目を拡大しました
更新日: 2017年6月16日

日常生活用具の給付種目を拡大しました

平成29年7月より,日常生活用具の給付種目が2種目拡大されますので,お知らせいたします。

※日常生活用具の詳細は,日常生活用具の給付をご覧ください。

 
視覚障がい者用音声ICタグレコーダー
給付種目名 視覚障がい者用音声ICタグレコーダー
障がいの内容及び程度 視覚障がい2級以上で,必要と認められる者
年齢制限 原則として学齢児以上
機能・性能 視力に障がいを有する者の物の識別を容易にする製品であって、点字、凸線等により操作ボタンが知覚でき、かつ、ICタグその他の集積識別情報と音声データを関連付け、音声データを音声信号に変換して出力する機能及び音声により操作方法に関する案内を行う機能を有するもの。
耐用年数 6年
基準額 39,900円
備考 初回申請時は,福岡市介護実習普及センターが発行する貸出証明書が必要。
ただし,過去に学校,訓練施設で使用実績が確認できる場合,他の自治体で交付歴がある場合は,貸出証明書を省略して差し支えない。


人工鼻
給付種目名 人工鼻
障がいの内容及び程度 音声機能若しくは言語機能障がい者で,無咽頭,発声筋麻痺等により音声を発することが困難で,常時埋込型の人工鼻を使用している者
年齢制限 年齢制限なし
機能・性能 声帯の代わりとなり、発声が可能となる機器であり、障がい者が容易に使用し得るもの。(基準額はアドヒーシブ,HMEカセット等人工鼻装着のために必要なものを含む月額とする。)
耐用年数 1ヶ月
基準額 23,760円
備考 入院・入所者でも給付可。
一社見積り可。
初回申請時のみ,医師の意見書(任意様式)が必要。


対象となる機器,用具について



視覚障がい者用音声ICタグレコーダー

タッチボイス
カラリーノ【音声色彩判別装置】
Wallet(ウォレット)【紙幣識別装置】

※基準額上限まで助成します。
※上記にない機器は,個別協議で給付可否を判断することになります。


人工鼻

アドヒーシブ(HMEカセットを取り付ける粘着性ベースプレート)
HMEカセット(鼻機能の代わりをするフィルター)
プレップ&リムーブ(被膜剤・剥離剤)
ラリボタン(アドヒーシブの代わり)
シリコーンクルー(接着剤)
フリーハンズ(カセットを手で押さえずに発声可能なもの)
その他(シャワーエイド・フラッシュ等)

※基準額上限まで助成します。
※1回の申請につき,最大4ヶ月分申請できます。
※人工呼吸器装用者が使用する人工鼻とは異なりますので,ご注意ください。