現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の農林水産・食からノロウイルス感染防止対策(手洗い編)
更新日: 2008年2月14日
 

ノロウイルス感染防止対策(手洗い編)


手洗いは感染防止対策の基本です。感染力の強いノロウイルスについては,ウイルスに触れた人の手を介して感染が拡大する事例が多々あることから,正しい手洗いの実施がノロウイルス感染予防の第一歩となります。
効果的な手洗いのタイミングとしては,(1)外出から帰宅したとき,(2)トイレ使用後,(3)排泄物等の処理後,(4)調理や食事の前などです。


1.手洗いの前に洗い残しが多いポイントを認識しましょう!!


手洗いで洗い残しの多い箇所


手洗いで洗い残しの多い箇所についての画像

  • ・親指の周り
  • ・指先
  • ・爪
  • ・手のしわ
  • ・手首
  • ・指の間

2.洗い残しのない正しい手洗いの手順


(1)時計や指輪をはずしている様子

(1)時計や指輪をはずします。


(2)水で手を濡らしている様子

(2)水で手を濡らします。


(3)手洗い石けんをつけている様子

(3)手洗い石けんをつけます。


(4)手のひらをよくこすっている様子

(4)手のひらをよくこすります。


(5)手の甲をのばすようにこすっている様子

(5)手の甲をのばすようにこすります。


(6)指の間をこすっている様子

(6)指の間をこすります。


(7)親指を念入りに洗っている様子

(7)親指を念入りに洗います。


(8)指先をこすっている様子

(8)指先をこすります。


(9)爪ブラシで爪及び指先をこすっている様子

(9)爪ブラシで爪及び指先をこすります。


(10)手首を洗っている様子

(10)手首を洗います。


(11)水で十分に洗っている様子

(11)水で十分に洗います。


 (12)ペーパータオルでふいている様子(乾燥機)

(12)ペーパータオルでふきます(乾燥機)


(13)蛇口栓にペーパータオルをかぶせて栓を締めている様子

(13)蛇口栓にペーパータオルをかぶせて栓を締めます。



手洗いのイラスト