本文へジャンプ
みんなの!国保・医療・年金
福岡市ホームページへ
文字サイズ大中小
EnglishChineseKorean
サイト内検索
  • 国民健康保険制度
  • よかドック(特定健診)
  • 後期高齢者医療制度
  • 医療費助成制度
  • 国民年金制度
現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の健康・医療・年金の中のみんなの!国保・医療・年金の中の国民健康保険制度から退職者医療制度
ここから本文

退職者医療制度


資格取得年月日が平成27年3月31日までの人で、会社などを退職し、年金を受けられる人とその被扶養者は、65歳を迎えるまでの間「退職者医療制度」で医療を受ける場合があります。


退職者医療制度とは

医療の必要性が高まる退職後に、会社などの健康保険から国保に移ることで、国保の医療費は増大します。このような保険者間の格差を是正するため、退職被保険者本人とその被扶養者の自己負担分以外の医療費は、会社等の健康保険からの交付金によりまかなわれています。
このことにより、国保財政の負担を軽減する制度が退職者医療制度です。


対象となる人

次のすべてにあてはまる人(退職被保険者本人)と、その扶養家族が対象となります。

  • 平成27年3月31日までに国保に加入している人
  • 64歳までの人
  • 厚生年金や各種共済組合などの年金を受けられる人で、その加入期間が20年以上、もしくは40歳以降10年以上あり、年金受給開始年月日が平成27年3月31日までの人


退職被保険者となる日

年金の受給権が発生した日が、退職被保険者になる日です。


被扶養者(扶養家族)となる人

退職被保険者と生活をともにし、主に退職被保険者の収入によって生計を維持している次の人です。

  • 退職被保険者の直系尊属、配偶者(内縁でもよい)と3親等内の親族、または配偶者の父母と子
  • 国保に加入している64歳までの人
  • 年間の収入が130万円(60歳以上または障がい者は180万円)未満で、被保険者の収入の2分の1未満である人


退職者医療制度で医療を受ける人の保険証


退職者医療制度の対象となる人(退職被保険者)には、一般の国保の保険証ではなく、「国民健康保険退職被保険者証」が交付されます。






医療機関にかかるとき

病院などの窓口で「国民健康保険退職被保険者証」を提出して受診します。
一部負担金は一般の国保被保険者と同じです。



Copyright(C) Fukuoka City Hoken Nenkin. All rights reserved.