現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の高齢・介護の中の事業者の方への中のお知らせから在宅連携支援システム「ケアノート」への参加事業者の募集について
更新日: 2018年9月20日

在宅連携支援システム「ケアノート」の試験導入にご協力いただける事業者様を募集しています


在宅連携支援システム「ケアノート」とは

 ご家族を含む在宅医療・介護関係者間で,要支援または要介護認定を受けた対象者の医療や介護,日々の生活状況などを共有するためのシステムです。

   

 対象者ご本人の同意に基づき,福岡市の持つ介護認定情報や健診結果などの行政情報を中心に,専門職のみなさまで様々な情報をケアノート上で共有していただくことで,ケアサービスの質の向上やご家族を含む関係者の負担軽減を目指しています。


ケアノート概要図 詳細についてはPDFを参照してください
  1. 注意事項(1) ケアノートでの情報共有には,対象者ご本人の同意が必要となります。
  2. 注意事項(2) ケアノートの利用には,事前に「システム利用申請書」の提出が必要です。


システム導入のメリット

■メリット1

区役所に行かなくても,介護認定結果や主治医意見書などが閲覧可能に!
(※主治医意見書はケアマネジャーのみ閲覧可能)


■メリット2

区役所に電話しなくても,介護認定審査の進捗状況も確認可能に!
(※更新申請時のみ)


■メリット3

間や場所を気にすることなく,専門職間での情報共有が可能になります!


募集対象事業者

 平成30年4月現在,市内の下記事業者様を募集しております。

  1. 居宅介護支援事業所
  2. 地域包括支援センター

 ※上記以外の事業者様(市内)で,ケアノートの導入を希望される場合は担当部署までご連絡ください。


ご用意いただくもの

 以下の条件を満たすパソコンをご用意ください。

  1. Windowsパソコン(OSは7,8.1,10)

  2. インターネットに接続されていること

  3. ウィルス対策ソフトが導入されていること


導入にあたりお願いしたいこと

 (1)システム利用申請書の提出をお願いいたします。

  ※ケアノートをご利用いただくには,事前にシステム利用申請書の提出が必要となります。


提出について
提出先 福岡市役所 保健福祉局 政策推進部 政策推進課 ケアノート担当
提出方法 郵送〒810-8620 福岡市中央区天神1丁目8の1
FAX092-733-5587
電子メールcarenote@city.fukuoka.lg.jp
※スキャナで取込みのうえお送りください。


システム利用申請書のダウンロードはこちら (92kbyte)pdf


 (2)本人同意書の取得と提出にご協力ください。

  ※ケアノートでの情報共有には,対象者ご本人の同意が必要となります。
  ※要支援から要介護になった場合や居宅介護支援事業所等が変更となった場合でも,すでにご本人がケアノートでの
   情報共有について同意書を提出している場合は,改めて同意書を取得する必要はありません。


提出先について
提出先
対象者がお住まいの区の介護認定係窓口に直接お持ちください。

※同意書の内容をご本人様にご理解いただいた上で,必要事項に記入していただいてください。
 (ご本人様向け説明用パンフレットをご活用ください。)

【同意書を提出する際のご注意点】
事業者様が代理で提出される場合は,以下の書類が必要です。
①提出者の身元確認ができる書類(運転免許証,個人番号カード,介護支援専門員証等)
②事業者又は施設の職員であることが確認できる書類(在職証明書,社員証,職員証等)
※ケアプラン作成等のための資料提供に係る申出書をご提出する際に必要となる書類と同じ。

 【同意書様式の変更について】
  平成30年5月より,同意書の様式が変更になりました!
  同意書を取得される場合は,新しい様式(第7a号)をお使い頂きますようお願い申し上げます。
  なお,平成30年6月以降は,古い様式(第7号)での受付はできなくなりますのでご注意ください。