現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の健康・医療・年金の中の健康・健康保険の中の予防接種に関することから市外の医療機関で予防接種を受ける場合(子どもの予防接種)
更新日: 2016年11月22日

市外の医療機関で定期予防接種を受ける場合(子どもの予防接種)

福岡県予防接種広域化実施医療機関

・かかりつけ医が福岡市外(福岡県内)にいる
・病気治療で福岡市外(福岡県内)の医療機関に入院している などの理由で,市外の医療機関で定期の予防接種を希望される場合,その医療機関が福岡県内の「福岡県予防接種広域化実施医療機関」であれば,福岡市内での接種と同じように定期の予防接種を受けることができます。(無料)
※必ず,接種を希望する医療機関が「福岡県予防接種広域化実施医療機関」であることを事前にご確認ください。
※「福岡県予防接種広域化実施医療機関」は,福岡県医師会のホームページで確認できます。

(受けることができる定期の予防接種)

4種混合,2種混合,ポリオ,麻しん・風しん,日本脳炎,BCG,ヒブ,小児用肺炎球菌,水痘,B型肝炎
子宮頸がん(※福岡市では現在積極的にはお勧めしていません。)


上記を除く市外の医療機関

里帰りなど一時的に福岡市外に滞在する理由などで,
・福岡県外の医療機関で定期の予防接種を希望する場合
・「福岡県予防接種広域化実施医療機関」以外の医療機関で定期の予防接種を希望する場合


上記の場合は,福岡市が発行する「予防接種実施依頼書」を持参して接種を受けてください。
接種方法や費用負担は,滞在先の市町村の実施方法に従ってください。

里帰り等の理由により福岡県外で予防接種を受けた場合,または福岡県内の指定実施医療機関以外で予防接種を受けた場合等において,接種費用の払い戻しをいたします。平成27年4月1日以降に接種を受けたものについて対象となります。
なお,旅行等の短期間の滞在による理由では,費用の払い戻しの対象とはなりませんので,計画的な予防接種に努めましょう。
詳しくはこちらをご覧ください。→ 福岡県外等の指定実施医療機関以外において受けた予防接種費用の払い戻しについて

※予防接種実施依頼書とは

予防接種法に定められている定期の予防接種を,福岡市外の医療機関で受ける際,その実施責任が福岡市にあることを明確にした書類です。