福岡市市長室広報課

TEL:092-711-4016
FAX:092-732-1358

ふ~あの動画

< 1 2

映画 | ヒューマンドラマ | 社会派

ナデルとシミン(仮題) / Nader and Simin, A Separation

YouTube

テヘランに住むナデルとシミン夫婦には11歳の娘テルメーがいる。

シミンは夫と娘とともにイランを出国したいと考えているが、ナデルは迷っている。同居しているアルツハイマー病の父親を心配してのことだ。すでに出国に必要な手続きを終えたシミンはそれを拒否したナデルとの離婚を決意する。家庭裁判所に訴えたが、離婚は認められない。シミンは夫と娘を残し、実家へと帰ってしまう。ナデルは、父の世話のためにラジエーという若い娘を雇うことにした。ナデルは知らなかったが、彼女は妊娠していた。

ある日、ラジエーは用事があって外出し、ナデルの父をベッドにしばり閉じ込めて出かける。帰宅したナデルは意識不明でベッドから落ちた父を見つけることになる。激怒したナデルはラジエーが戻ってくると彼女をどなりつけアパートから押し出すが、その勢いでラジエーは階段から落ち、妊娠していた赤ん坊を流産してしまう。

ナデルは訴えられ、裁判にかけられる。妊娠を知っていたのであれば殺人罪に問われることになる。一方ラジエーは老人の虐待を責められる。ラジエーの夫のホッジャトから生まれなかった息子の殺人の罪で服役するか、それとも金銭的賠償をするかの選択を迫られるナデル。

そして、離婚の危機が迫っている。追いつめられたナデルの運命は…。

映画 | ヒューマンドラマ | 青春

Bleak Night(原題)※「凍てつく夜に」より改題

YouTube

男子高校生の集団暴行シーンで始まるこの映画は、英語のタイトル“Bleak Night”(荒涼たる夜)のとおり、全編を通じ寒々しくなるような、重く暗い調子で描かれている。韓国で描かれた青春物語はあまりに重厚で、力強い。この力強さは最近の韓国映画特有のものだ。

主人公は3人の男子高校生、ギテ、ドンユン、ヒジュン=ベッキー。彼らはいつもつるんでいる親友同士。ただ、この映画は、シーンの時系列順をバラバラに配置しているため、初めのうちは、彼らの関係がよくわからない。

物語が進むにつれて、徐々に事件の真相が明らかになっていくといった、わかりやすい推理サスペンスの展開とはちがって、この作品では、青春と友情が徐々に壊れていく様を絶妙に描き出していて、事件の原因や犯人捜しそのものより、一つひとつのシーン、それぞれの過程こそが重要で意味があるように思えてくる。こんなに硬派な青春映画は今時希有な存在かもしれない。

映画 | 恋愛 | ヒューマンドラマ

妻は、はるか日本に/ The Japanese Wife

YouTube

ベンガル地方の田舎町に住むスネホモイは、ふとしたきっかけで日本人の女性ミヤゲとペンフレンドになり、拙い英語を使いながら、徐々に互いを深く知るようになる。

ある日ミヤゲは、彼に思い切った告白をする。スネホモイは熟考の末、やっと返事を送る。遠く離れたふたりの恋路は果たしてどうなるのだろうか。

インドと日本の間で交わされる、優しくほほえましい恋文の交換で綴られるプラトニックな恋愛物語。どろどろで複雑な現代のラブストーリーになれきった日本人には、あまりに純粋でストレートで、だからこそ、意表を突かれたような新鮮さを感じてしまう物語だ。

インド映画といえば、きらびやかなダンスと派手な音楽、不安定な国境問題や厳しい社会格差、宗教や政治等を連想してしまいがちだが、この映画は私たちが見たこともないようなインド人の慎ましやかな一面をうかがわせ、ラブロマンスの傑作と呼ぶにふさわしい作品となった。

映画 | コメディ | ヒューマンドラマ

すばらしき大世界/ It's A Great, Great World

YouTube

 1940年代の古き良き時代を描いた作品。この映画の舞台となった「大世界」は、シンガポール初の三大アミューズメント・パークの一つ。

「大世界」の近くにある「明珠写真館」。23歳の孫娘の阿敏(ミン)は女主人である亡くなった祖母の遺品を整理するうちに、往年のお客さんが忘れてしまった写真に魅かれ、写真の人物を探し出して、写真を渡す旅に出ようと考える。そんな彼女のために写真館の職員だった年老いた阿民(ベン)が「大世界」の喜怒哀楽を語ってくれる。

これらの物語に感動をした阿敏は、改めて祖母が続けてきた仕事の意味について考え始める。

映画 | ヒューマンドラマ

カシミールの秋 / Autumn

YouTube

1947年に始まったインドとパキスタンの戦争は、いったんは停戦したが、その後何度も繰り返すこととなり、未だに不安定な情勢が続いている。この映画は、そんなカシミール地方の厳しい現実を、紛争で兄を失い悩み苦しむ主人公とその家族を中心に、リアルに描き出している。特に主人公のいつもどこか遠くを見つめるような表情や、徐々に精神が壊れていく父親の熱演は心に残る。

友人の一人は歌手になるためにインドの中心、デリーに向かうが、ラフィークはその反対にパキスタンを目指す。この2人はその表情からして、明暗を分けている。この映画では、爆弾テロや狙撃事件なども、人々が平穏な日常生活を送る中で突然襲いかかる。カシミール地方の美しい自然と、殺伐と張り巡らされた鉄条網がいずれも、強いコントラストで描かれる。このため、全般的には、音楽もなく、静かで抑制された作品なのだが、最後まで高い緊張感が持続する。まるで紛争地帯に居合わせたかのような臨場感と、登場人物たちの精緻な心理描写が相まって、国家同士の横暴が現実に生み出した危険で不安な世界と、蹂躙される罪なき市民の不幸を見事に表現した。

< 1 2

ページの先頭へ戻る