福岡市市長室広報課

TEL:092-711-4016
FAX:092-732-1358

アーカイヴライブラリー

成春香

成春香
国・地域 韓国
アーカイヴテーマ アジアの文学を知る
ジャンル 劇映画
監督名 シン・サンオク
主演・出演 チェ・ウニ/キム・ジンギュ/ハン・ウンジン
その他基礎情報 1961年/カラー/35ミリ/シネマスコープ/108分
成春香-image2

韓国人なら誰でも知っている恋愛ドラマの古典的名作「春香伝」の映画化作品である。ヒロインの身分を越えた、愛する男性への一途な純愛は、歴史を越えて韓国の大衆に愛されてきた。この物語が最初に映画化されたのは1923年で、日本人の製作による無声映画だった。以後韓国では何度も映画化され、常に時代を代表する女優達がチュニャンを演じてきたのである。

本作が製作された1961年には2本の「春香伝」が同時に公開された。シン・サンオク監督と監督夫人であるチェ・ウニをヒロインとした本作と、ホン・ソンギ監督と同じく監督夫人であるキム・ジミをヒロインとした「春香伝」である。当時人気を二分していた二大ヒロインによる激突は大いに話題となり、興行的には「成春香」が圧勝した。観客は現代的美人のキム・ジミより、伝統的韓国美人のチェ・ウニを選んだのである。

前のページへ戻る

ページの先頭へ戻る