現在位置:福岡市ホームの中の中央区の中の魅力・観光の中の中央区みどころ情報発信館から宇賀神社
更新日: 2017年12月12日

 このページは、中央区の区民ボランティア「ちゅうおうPRサポーター(平成24年3月末をもって事業終了)」が取材を行い作成した記事をもとに掲載しています。随時記事の追加や修正を行っていますが、記載内容の誤り等、何かお気づきの点がございましたら総務課(092-718-1013)までお知らせください。
 なお、本記事を無断で転載・引用等することはご遠慮ください。


【宇賀神社】

赤い鳥居が印象的な宇賀神社


宇賀神社の拝殿の画像

宇賀神社の拝殿


 大宮2丁目の高宮公民館や一本木公園に隣接して、ひっそりと立っている宇賀神社。旧称は一本木神社または黒田稲荷といいます。参道は150メートル以上もあり、参道の入り口は高宮通り沿いにあります。大通り沿いに突如として現れる真っ赤な五の鳥居と、「黒田稲荷参道」と書かれた石柱が印象的です。

 マンションや民家に囲まれた細い参道を行くと、赤い四の鳥居、石造りの三の鳥居、またまた赤い二の鳥居があり、最後に境内の簡素な鳥居をくぐると、ようやく拝殿にたどり着きます。



高宮通り沿いの五の鳥居の画像

高宮通り沿いの五の鳥居
奥に小さく見えるのが四の鳥居



 宇賀神社が鎮座する地は昔、那珂郡平尾村の「一本木」と呼ばれた所だったようで、その地名の由来は、この地に大きなタブの木(イヌクス)があったことによると「筑前国続風土記」に記されています。拝殿の表に掲げられた「宇賀神社」の扁額は明治6年のもので、ほかにも拝殿の中にあるお賽銭箱や馬の像、絵馬、黒田家の紋章が入った提灯など、時代を感じさせてくれるものがあります。

 「稲荷」は五穀を司る神様だということで、毎月1日と15日には野菜が奉納されます。また、元旦にはぜんざいが振る舞われるそうです。お会いした社務所の方が「最近は若い人たちの参拝が増えましたが、それもマンションが多くなったせいかなあ。昔はこの辺りも静寂な場所でした」と話してくれました。