現在位置:福岡市ホームの中の中央区の中の魅力・観光の中の中央区みどころ情報発信館から為勢自得天真流
更新日: 2016年10月1日

 このページは、中央区の区民ボランティア「ちゅうおうPRサポーター(平成24年3月末をもって事業終了)」が取材を行い作成した記事をもとに掲載しています。
 随時記事の追加や修正を行っていますが、記載内容の誤り等、何かお気づきの点がございましたら企画振興課(092-718-1013)までお知らせください。
なお、本記事を無断で転載・引用等することはご遠慮ください。


【為勢自得天真流】

代々受け継がれる伝統

古流の技がそのまま受け継がれている様子

古流の技がそのまま受け継がれています

 福岡市指定の無形文化財の一つに、古武術・為勢自得天真流があります。

 流祖藤田長助麓憲貞は、笠原流、揚心流、良以心当流の三流の免許皆伝を得たのち、自ら為勢自得天眞流を創始したと伝えられます。江戸時代後期のことです。為勢自得天真流は福岡藩に伝わる古武術ですが、現在も中央区で柔術を主としたその技が伝えられています。

 現在、スポーツとしての武道が盛んで、危険な技は反則とされ、安全性が求められています。しかし、為勢自得天眞流は、古流の技の原型をそのまま伝えています。現在柔道で反則とされる技も多数伝えられ、まさしく実戦のための武術といえます。

 現在は第十六代宗家・三舟統一郎(竜受齊)氏が指導に当たっています。三舟統一郎氏は、先代宗家・横田正米潔慶氏(明治271894)年~昭和471972)年)に入門し、免許皆伝を受けました。伝えられる技の数、五百余り。技は極めて合理的です。本物の古武術の技が奇跡的に現在に伝わっているといえるでしょう。

 道場名は聖武館。練習場所は護国道場(福岡縣護国神社に隣接)です。練習日は毎週水曜と日曜です。護身術として老若男女を問わず取り組める古武術です。