現在位置:福岡市ホームの中の中央区の中の魅力・観光の中の中央区みどころ情報発信館から長圓寺
更新日: 2016年10月1日

このページは、中央区の区民ボランティア「ちゅうおうPRサポーター(平成24年3月末をもって事業終了)」が取材を行い作成した記事をもとに掲載しています。
随時記事の追加や修正を行っていますが、記載内容の誤り等、何かお気づきの点がございましたら総務課(092-718-1013)までお知らせください。
なお、本記事を無断で転載・引用等することはご遠慮ください。

【長圓寺】

黒田家との関わりが深い長圓寺

今泉2丁目にある長圓寺の写真

今泉2丁目にある長圓寺


長圓寺(ちょうえんじ)は曹洞宗の寺で、開山は生雄宗誕(しょうゆうそうたん)和尚です。

宗誕は福岡藩初代藩主・黒田長政の夫人である大涼院に才能を見いだされ、長政から寺地を賜り、慶長年間(1596~1615年)の中頃に長圓寺を創建しました。

その後、元和5年(1619年)に現在地に移転し、今日に至っています。


謎の仏像が彫られている石柱の写真

謎の仏像が彫られている石柱


山門のそばに高さ1メートルほどの石柱が立っています。石柱の下部には仏像らしきものが彫られていますが、石柱は十字架のようでもあり、隠れ切支丹(きりしたん)の偶像でないかとの疑問が起こります。

境内には、明治期に政治結社・玄洋社の社長を務めた箱田六輔の墓もあります。

長圓寺では享保の大飢饉(1732年)で亡くなった人たちを弔うため、長く途絶えていた地蔵尊まつりを平成11年から再開し、毎年8月24日に供養の祭りを行っています。