現在位置:福岡市ホームの中の中央区の中の魅力・観光の中の中央区みどころ情報発信館から母里太兵衛
更新日: 2016年10月1日

このページは、中央区の区民ボランティア「ちゅうおうPRサポーター(平成24年3月末をもって事業終了)」が取材を行い作成した記事をもとに掲載しています。
随時記事の追加や修正を行っていますが、記載内容の誤り等、何かお気づきの点がございましたら企画振興課(092-718-1013)までお知らせください。
なお、本記事を無断で転載・引用等することはご遠慮ください。

【母里太兵衛】


民謡「黒田節」のモデルになった母里太兵衛


旧母里太兵衛邸長屋門の画像

旧母里太兵衛邸長屋門

 

母里太兵衛(ぼり たへえ)は黒田家の重臣で、黒田家家臣精鋭部隊である「黒田二十四騎」の一人です。福岡藩藩祖・黒田如水および初代藩主・黒田長政に従い、各戦陣にて功名をたてました。


文禄5年(1596年)正月、長政の名代として尾張出身の戦国大名・福島正則邸に挨拶に行ったとき、正則より酒を勧められ、いったんは固辞するも強く勧められるので、やむを得ず大杯の酒を飲み干し、
名槍日本号を正則より頂戴しました。


これが民謡「黒田節」で有名な物語です。この名槍日本号は、現在、福岡市博物館に所蔵されています。


母里太兵衛の銅像の画像

母里太兵衛の銅像

 

さて、太兵衛の姓は「ぼり」か「もり」かということですが、もともと太兵衛は播磨国加古郡母里(ぼり)出身(現在の兵庫県)なので、母里(ぼり)姓を名乗っていました。


しかし、慶長11年(1606年)に江戸城の石垣修理を命じられたとき、見事に修復工事を成し遂げ、将軍家から頂いた感謝状が「毛利」となっていたので、以後「毛利」姓を名乗ったといわれています。


その「毛利」が訛って「もり」という呼び方もされるようになりましたが、ご子孫の方は本来の「母里(ぼり)」姓を名乗っていらっしゃるそうです。


太兵衛は、直方の鷹取城1万8千石の城主に、その後、嘉穂郡の大隈益富城城主になり、元和元年(1615年)、病のため60歳で没しました。墓所は福岡県大隈町の麟翁寺(りんのうじ)にあります。


母里太兵衛子孫の屋敷は天神町(現在の福岡天神センタービル)にありました。その屋敷の長屋門が福岡城内(平和台競技場入り口前)に移転保存されています。また、太兵衛の銅像が、
西公園光雲(てるも)神社境内に建っています。


 関連リンク

官兵衛ものがたり(5)黒田家と西公園


 

長屋門の地図を表示(福岡市Webまっぷへ)

母里太兵衛銅像の地図を表示(福岡市Webまっぷへ)

歴史ジャンルへ戻る