現在位置:福岡市ホームの中の中央区の中の魅力・観光の中の中央区みどころ情報発信館から鴻巣山
更新日: 2018年8月14日

 このページは、中央区の区民ボランティア「ちゅうおうPRサポーター(平成24年3月末をもって事業終了)」が取材を行い作成した記事をもとに掲載しています。
 随時記事の追加や修正を行っていますが、記載内容の誤り等、何かお気づきの点がございましたら総務課(092-718-1013)までお知らせください。
 なお、本記事を無断で転載・引用等することはご遠慮ください。

【鴻巣山】


自然豊かな鴻巣山

鴻巣山の遊歩道の画像

鴻巣山の遊歩道


 鴻巣山(こうのすやま)は中央区小笹と南区長丘の境に位置する、標高約100メートルの自然豊かな山です。中央区で最も標高が高い場所でもあります。昔、頂上に生えていた松の木にコウノトリが巣を作っていたという言い伝えがあり、ゆえに鴻巣山と呼ばれるようになったのではないかといわれています。

 昭和50年に緑地保全地区に指定されていて、木々の緑や鳥のさえずりが訪れる人の心を和ませてくれます。頂上へと続く遊歩道が数コース整備されており、森林浴やハイキングを楽しむことができます。



FBSのテレビ塔の画像

展望台から見たFBSのテレビ塔


 頂上に建っている展望台からの眺めは絶景で、北に玄界島や志賀島、南に背振山や油山を一望することができます。展望台の横に建つのはFBSのテレビ塔。昭和44年のFBS福岡放送開局に合わせて建設されたもので、高さは83.2メートルあります。

 四季折々に安らぎを与えてくれる鴻巣山に皆さんも登ってみませんか。