本文へジャンプ
福岡市中央区文字サイズ
文字を小さくする文字の大きさを標準に戻す文字を大きくする
音声読み上げ機能を利用する福岡市トップページへ
中央区の取り組み区役所と関連施設魅力・観光くらしの情報まちづくり
現在位置:HOMEの中の中央区の中の中央区の魅力・観光情報の中の中央区みどころ情報発信館から金龍寺
更新日: 2009年6月29日

【金龍寺】


貝原益軒座像で有名な金龍寺


貝原益軒の銅像がある金龍寺

貝原益軒の座像
(写真手前)がある金龍寺
 金龍寺は曹洞宗の禅寺で、境内に「東洋のアリストテレス」と讃えられる近代の天才学者・貝原益軒(かいばらえきけん)の墓と座像があることで知られています。


 益軒は読書家で非常に博識であり、書物だけにとらわれずに自分の足で歩き、目や耳で感じ、手で触り、口にすることで確かめることを主義主張としました。「養生訓」など多くの著作も残しています。


 また、戯曲「俊寛」で有名な劇作家・倉田百三(ひゃくぞう)が執筆活動をした場所としても有名であり、境内には彼の歌碑が建っています。
 山門には2体の仁王像。仁王像は寺を守るために外側(本堂とは逆の方向)を向いているのが一般的ですが、金龍寺の仁王像は内側(本堂側)を向いています。


 これは、仁王像がにらみを利かせてまずは内を治め、その徳が外に照り返ることで家庭や国が良くなるという「回向返照(えこうへんしょう)」の教えから。山門に掲げられている額にも「返照」と書かれています。


 本堂前の掃き清められた砂が美しく、趣のある寺なので、とても落ち着いた気持ちになる場所です。






倉田百三の歌碑

倉田百三の歌碑
 

地図を表示(福岡市Webまっぷへ)

歴史ジャンルへ戻る

      
このホームページについて | アクセシビリティについて | 個人情報の取り扱いについて | リンク・著作権等
Copyright(C) Fukuoka City All Rights Reserved