本文へジャンプ
福岡市中央区文字サイズ
文字を小さくする文字の大きさを標準に戻す文字を大きくする
音声読み上げ機能を利用する福岡市トップページへ
中央区の取り組み区役所と関連施設魅力・観光くらしの情報まちづくり
現在位置:HOMEの中の中央区の中の中央区の魅力・観光情報の中の中央区みどころ情報発信館から勝立寺のかぼちゃ大祭
更新日: 2016年10月1日
 このページは、中央区の区民ボランティア「ちゅうおうPRサポーター(平成24年3月末をもって事業終了)」が取材を行い作成した記事をもとに掲載しています。
 随時記事の追加や修正を行っていますが、記載内容の誤り等、何かお気づきの点がございましたら企画振興課(092-718-1013)までお知らせください。
 なお、本記事を無断で転載・引用等することはご遠慮ください。

【勝立寺のかぼちゃ大祭】


約300年続く冬至の伝統行事

毘沙門天を祭る勝立寺

毘沙門天を祭る勝立寺
 1年で最も昼の長さが短い冬至の日、カボチャやこんにゃくを食べて、ゆず湯に入る風習が各地にあります。福岡でも「中風にならないように」といってカボチャを食べます。カロチンやビタミンCを補給して病気を防ぐという古人の知恵だったのでしょう。


 天神四丁目の勝立寺(しょうりゅうじ)では、毎年冬至の日に「かぼちゃ大祭」が行われます。午前10時と午後1時から開運厄除けの祈願祭を執り行った後、参詣者にカボチャ汁やカボチャの煮付け、ぎんなんご飯が振る舞われます。


 かぼちゃ大祭は、江戸時代中ごろ、元禄の時代から約300年も続く伝統行事です。


 勝立寺の言い伝えによると、笹正兵衛という博多商人が商用で難波に向かっていた途中、海難事故に遭ったときにカボチャを持った毘沙門天が海中から現れて、そのカボチャで飢えをしのぐことができた。博多に戻った正兵衛は、お礼に勝立寺に毘沙門堂を建て、参詣者にカボチャを振る舞ったのが祭りの由来だそうです。


 35世住職の坂本勝成さんは「カボチャの料理は400食以上用意しているので、遠慮なく来てください。毘沙門天は財福の神で、皆さんに幸運をもたらしますよ」と話します。


 勝立寺は慶長10年(1605年)に日忠上人が開山し、現在35世住職です。日忠が宗教問答で勝ったことから、福岡藩初代藩主・黒田長政がその恩賞として「勝って立つ寺」=「勝立寺」の建立を命じました。


 勝立寺が建立された場所(旧町名・橋口町)は、福岡と博多のまちを結ぶ福岡随一の要衝の地で、桝形門に隣接した所でした。同じ天神地区にある安国寺少林寺などとともに、海からの攻撃を防御する役目を果たしていました。


 また、福岡でただ一人の陸軍大将・明石元二郎家の墓も境内にあります。
カボチャを載せた石碑

カボチャを載せた石碑
 

地図を表示(福岡市Webまっぷへ)

歴史ジャンルへ戻る

このホームページについて | アクセシビリティについて | 個人情報の取り扱いについて | リンク・著作権等
Copyright(C) Fukuoka City All Rights Reserved